ペンティオ、アカツキにクラウドIDaaSサービスOneLoginを導入

~OneLoginリスクベース認証で認証強化と業務効率化を実現~

ペンティオ株式会社 2018年03月27日

ペンティオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:長谷川 晴彦、以下 ペンティオ)は、株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田 元規、以下 アカツキ)にクラウドIDaaSサービス「OneLogin(ワン・ログイン、以下 OneLogin)」を導入したことを発表します。

アカツキは、OneLogin UnlimitedプランとOneLoginリスクベース認証「OneLogin Adaptive Authentication」を採用して、OneLogin利用ユーザーの本人性認証強度向上、と同時に、AIによる「本人」判定があればログイン操作が簡便になる、認証強度向上と業務効率ふたつを実現しました。

OneLoginは多様なバリエーションの認証方式に対応しております。IPアドレス、証明書、13種類のOTP、秘密の質問、Windowsログイン、macOSログオン、リスクベース認証をサポートしております。本当に本人かどうかを特定する手法として“OTP”や“秘密の質問”は本人性確認要素として強度のある認証方式として広く利用されています。ところが、これら“OTP”や“秘密の質問”は毎回ログインのたびに入力をもとめられる場合、その操作が面倒でありたびたびの入力は敬遠される場合がありました。

そこでOneLoginは、AI学習により「ネットワークブラックリスト、いつもの場所、いつもの端末、いつもの時間帯」のログインであれば本人のログインであり、以前のログインと違う場合は「OTP」や「秘密の質問」で本人確認を求めるアクセス判定のサービスオプションです。
これにより、アカツキは業務ログインユーザーの通常業務利便性を確保し、本人では無いとおもわれるアクセスの場合は強固なアクセスコントロールを実現できました。

ペンティオは、今後も増大する企業のユーザー認証強化ニーズに、クラウドIDaaSサービスOneLoginのAdaptive Authenticationをご提供して参ります。
※下記OneLoginのAdaptive Authenticationを参照

本サービスの詳細は (リンク ») をご覧下さい。
当ニュースリリースは (リンク ») をご覧下さい。

■価格
OneLogin 価格
・OneLogin Unlimitedプラン 月額 900円 ※
・OneLogin Adaptive Authentication 月額 350円 ※
 ※年間契約の金額です

このプレスリリースの付帯情報

OneLoginリスクベース認証

用語解説

■IDaaSサービス「OneLogin」とは
ペンティオが提供するOneLoginは、クラウドとオンプレミス両サイトのユーザー認証が可能な、クラウドアカウント管理とWebシングルサインオン・サービスです。法人企業を主な対象とするこのサービスは、ユーザー認証の社内・社外の利便性と、IT管理者の管理工数削減に大きく貢献します。ユーザーは、Windows・macOS・iPad・iPhone・Androidなど多くのプラットフォームで利用することができます。また、本人認証としてIDとパスワードに加えてスマートフォンOTPやUSBトークン/ICカードを活用することもできます。クラウドアカウント管理は、企業内のActive Directory/LDAPのユーザー情報をOneLoginディレクトリに反映することができます。IT管理者は、各アプリのIDとパスワードをユーザー本人に伝えることなくアクセス権を提供する事が可能です。

■OneLoginのAdaptive Authenticationリスクベース認証の仕組み
OneLoginのリスクベース認証では、機械学習を使用して、ユーザーに多要素認証(MFA)を求めるかどうかを決定します。ネットワーク、デバイス、地理、 時間などの幅広いインプットを使用して、ログインのリスクを評価するユーザープロファイルを構築します。リスクスコアが高い状況のログインでは、OneLogin OTPやサードパーティの多要素認証またはあらかじめOneLoginにユーザーが登録した“秘密の質問”の入力が求められます。

OneLoginのリスクベース認証は4つの判定要素で実現します。
(A)ネットワークブラックリスト
 ・IP 知名度(AlienValue オープン脅威交換, プロジェクトハニーポット, Tor ネットワーク)
 ・ブラックリストに載っている IP アドレス
 ・ブラックリストの国
(B)いつもの場所(地理的位置)
 ・新しい IP アドレス
 ・新しい国または都市
(C)いつもの端末(デバイスフィンガープリンティング)
 ・新しいデバイス
 ・OSの種類
 ・新規またはあまり使用されないOS
 ・新規またはあまり使用されないブラウザ
(D)いつもの時間帯(操作時刻)
 ・普段利用しない時刻
 ・異常なユーザーの動き
 ・2つの場所からのアクセス
機能説明: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ペンティオ株式会社の関連情報

ペンティオ株式会社

ペンティオ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]