中国初のブロックチェーン・ベースのソーシャルネットワークONOがEOSスーパーノードへの立候補を正式表明

ONO 2018年03月28日

From 共同通信PRワイヤー

中国初のブロックチェーン・ベースのソーシャルネットワークONOがEOSスーパーノードへの立候補を正式表明

AsiaNet 72846 (0552)

【北京2018年3月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*EOSグローバル21スーパーノードのキャンペーンが正式にスタート

EOSのメインネットワークが2カ月前にオンラインになってから、21スーパーノードの全世界キャンペーンはインターネットとベンチャーキャピタルの分野で最近の最もホットな話題になっている。初のブロックチェーン・ソーシャルネットワークであるONOは27日、EOSスーパーノードへの立候補を正式に表明した。これはEOSグローバル21スーパーノードに向けたキャンペーンが正式に始まったことを示している。

中国初のブロックチェーンに基づくソーシャルネットワークDApp ONO(www.ono.chat )は27日、創立者のシュー・ケー最高経営責任者(CEO)のマイクロブログとONOの公式マイクロブログに関するニュースを同時に流し、ONOがEOSグローバル・スーパーノードの入札に正式に参加するだろうと報じた。その後間もなく、ONOは公式のONO telegramグループで「さあ、わくわくする時だ!EOSエコシステムの全世界の参加者がグローバルEOSスーパーノードへの入札で集まるのは全人類への貢献になるだろう。ONOは世界のネットワークユーザーにコンピューティングと処理能力のサポートを提供する用意がある。入札が成功すれば、ONOは世界中の他の20のスーパーノードと共に、エコシステム全体のために適切なネットワークを構築するだろう」と述べた。

(リンク »)

ONOがEOSとの戦略的な計画を選択するに至った理由について、ONOは4月末までに、選ばれた少数のシードユーザーへとアクセスを制限するインビテーションシステムの実装を開始するためと推測されている。このEOSの移行はコミュニティーの運営ニーズに応える上で重要であり、同時に初期のソーシャルネットワーク構築を方向づけることにも関係している。強化されたEOSは大規模なアクティブユーザーをサポートでき、ソーシャルメディア分野のユーザーに完全に適合するものとされている。EOSのメインラインが正式にリリースされて要件を満たした時点で、ONOはEOSのTestnetからEOSのメインネットワークに移行する。この2者の戦略的な関係に基づいて、ONOがEOSにとって重要なのは明らかである。

2018年3月上旬現在、世界中の50以上の組織や機関がEOSスーパーノードへと応募している。ONOがダークホースになるかどうか、注目に値するだろう。

ソース:ONO


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。