サウジ証券取引所がFTSEグローバル株価指数シリーズに参入

Tadawul 2018年03月30日

From 共同通信PRワイヤー

サウジ証券取引所がFTSEグローバル株価指数シリーズに参入

AsiaNet 72875 (0571)

【リヤド(サウジアラビア)2018年3月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*指数入りはTadawulとサウジ政府がビジョン2030の一環として導入した市場改革の前向きの成果を示す

サウジ証券取引所(Tadawul)は、TadawulがFTSE Global Equity Index Series(グローバル株価指数シリーズ)で従来の「Unclassified(未分類)」から「Secondary Emerging(2次的新興)」市場に分類されるとFTSE Russellが29日に発表したことに満足している。

Logo - (リンク »)

この決定は、TadawulとCapital Market Authority(CMA)が2年間にわたって実施した一連の市場強化策に続くものである。これらの展開の多くにより、市場が指数シリーズのうち「Emerging」と分類されるためにFTSE Russellが設けた市場基準に達した。

Capital Market Authority(CMA)のモハメド・エルクワイズ委員長は「CMAはサウジの資本市場を発展させ、資本市場の効率を向上させ、地域的・国際的競争力を強化するため投資を促進し続ける。この成果はサウジビジョン2030の一環である金融部門発展計画に沿ったものであり、CMAとTadawulの取り組みを反映している」と論評した。

Tadawulのサラ・スハイミ会長は「Tadawulはこの1年間、サウジ政府機関や主要な新興市場投資家らと緊密に協力して、市場の効率を向上させ、地元と国際的な投資家に魅力的な投資環境を整える資本市場改革を実施してきた。これらの取り組みのすべての結果、基準となる最も有力な世界的指数の一つにTadawulが採用されたことは喜ばしい」と述べた。

Tadawulのハリド・ハサン最高経営責任者(CEO)は「FTSEの本日の発表は、サウジの資本市場への投資家の信頼の高まりと、われわれが世界で最大級で最も活発な新興市場の一つであると認められたことを示し、Tadawulにとって有意義である。ビジョン2030に従い、世界中の投資家の信頼を増進し、サウジ市場を一層強化するために、すでに実施した改革と進行中の改革へのわれわれのコミットメントは揺るがない」と語った。

▽FTSE Russell指数採用への道のり
サウジアラビアはQualified Foreign Investor(QFI、適格海外投資家)プログラムの導入に続き、2015年9月にFTSE RussellのWatch Listに掲載され、2016年の国分類リストでもその資格が維持された。

FTSE Russellは2017年10月、FTSE Saudi Arabia Inclusion Index Seriesを開始した。これは、早期の指数ベースの市場公開を求める内外投資家に対応した過渡的なツールとして利用できる世界、地域、国レベルの総合的な指数シリーズである。

サウジのFTSE組み入れに影響した重要改革は次の通り:

*投資家にとっての資産の安全性強化と上場証券の全種類の決済期間の統一のため、全上場証券の決済期間をT+2(取引成立後2日)に改めた。決済期間の改正でサウジ市場も他の国際取引所の基準に並んだ。さらに、証券の貸し借りと空売りが全上場株式に導入された。これらは2017年4月に実施された。

*特定投資家の事前積み立て要件をやめ、資金準備の時期は取引責任者と投資家の契約条件に委ねる。これは妥当な国際基準の取引慣行と、機関投資家、特に投資ファンドの取引プロセスの基準に合わせる。

*基本口座からの証券移動、SBL機能を通じた証券借り入れ、公開市場での証券購入、あるいはオプション買いによりブローカーに証券不足をカバーさせるためにSDCが提供するFails Management Controlsの導入。強制的な買い埋めもSDCによって実施できる。

*証券の引き渡しは相応の支払い実行の場合のみ実施されるというDvP原則に準拠したDvPモデルの導入

*ブローカーによって実行された未確認取引の決済を保管銀行が拒否できる2017年4月実施の独立管理モデルの強化

*証券の貸し借りと空売りの導入:Tadawulは全上場株式の証券貸し借りと空売りを認める地域で初の市場である。

*サウジCapital Market Authority(CMA)による2017年2月の新企業ガバナンス規則の採用。この規則は、株主と取締役の権利を強化し、企業体と第三者の営利上の戦略プランニング、役割、責任、監視を決める際の明快さと透明性の拡大を提供する。

*適格国外投資家(QFI)の新規株式公開(IPO)参加を2017年1月に認めた。

*2017年2月のNomu並行市場開設。適格投資家のための並行株式市場は上場要件を軽減し、企業に株式公開の代替プラットフォームを提供する。
  
*全市場参加者のための投資機会の多様化と不動産投資促進のための不動産投資信託(REITs)の導入

▽最近の市場の発展
サウジアラビアの野心的なビジョン2030の枠内で、Tadawulはアクセス、効率、企業統治、透明性を強化するだけでなく、取引所を規模、流動性、プレゼンスで地域のリーダーと位置付けるために広範な資本市場改革策の実施でCMAと協力し続けている。この関係で、重要な最近の市場強化策は次の通り:

*2018年1月より独立管理モデル(ICM)を更新し、ICM顧客の取引限度の柔軟化による適格国外投資家(QFI)の市場アクセス向上。この変更とともに、全参加者のための決済プロセスに関係する信用リスクの軽減のため新手続きが導入された。

*2018年1月にアセットマネジャーに管理資産(一任ポートフォリオ(DP)と投資ファンド)発注の統合を認めるためのアカウント構造の新たなオプションモデル(分離勘定)の導入。この進化はアセットマネジャーとその顧客に最良の成果と公平な配当を保証する。

*主要市場とNomu並行市場の終値を決める方法をVolume Weighted Average Price(VWAP、出来高加重平均価格)からオークション方式に移行し、他の大半の主要市場のやり方に合わせて始値オークションを向上させる。2018年第2四半期に実施される予定。

*流動性を拡大し、整然とした価格形成を促進し、価格乱高下を抑制し、スクーク(イスラム債)、債券、上場投資信託(ETF)市場を強化し、上場取引型金融商品(ETP)や派生商品(デリバティブ)に道を開くため、世界的な最良の慣行に基づく値付け(MM)プログラムの実施。これも2018年第2四半期実施の予定。

*上場企業、金融市場利害関係者、金融アナリスト、国内の立法・規制機関の間の意思疎通を発展させ、促進する投資家関係ワークショップ、パートナーシップの運営。Tadawulはまた、投資家関係の世界的最良慣行の実施と全上場企業の透明性拡大を強く求めている。

これらの措置の累積的効果は投資家と仲介業者にとってより効率的、活発、確実で、国際的な最良慣行にさらに適合した市場をもたらす。

▽QFIプログラム
サウジアラビアのQualified Foreign Investor(QFI、適格海外投資家)プログラムはサウジ資本市場への国際投資家の参入を促進するため2015年6月に導入された。QFIプログラムは適格海外投資家の適性要件を緩和し、プログラムの資格のある機関投資家の範囲を広げるため、2016年と2018年1月に拡大された。QFIプログラムを通じて、国際投資家は現在、湾岸協力会議(GCC)および中東北アフリカ地域で最大の株式市場であるTadawulに直接、全面的に参入できる。同市場は2018年2月現在、時価総額4660億ドル(注1)、1日平均取引価格が10億ドル近い(注2)。QFIの資格基準と外国人持ち株限度が最近緩和され、サウジの株式新規公開(IPO)市場は現在、QFIも参加できる。

QFIプログラムの開始以来、120を超える国際金融機関が参加し、他の180以上が資格審査の各段階にある。2017年1月から、QFIはサウジ国内の全IPOに参加できる。QFIのこの加速的な成長は、Tadawulが今年、取引所を改革して外国資本を呼び込むための複数のイニシアチブを積極的に実施した進展を反映している。

FTSEの本日の発表の詳細は次を参照: (リンク »)

▽Tadawulについて
サウジ証券取引所(Tadawul)はサウジアラビア王国の証券取引所として証券の上場、取引をすることを認められた王国で唯一の事業体である。時価総額4660億ドルで、サウジ株式市場はWorld Federation of Exchanges(国際取引所連合)加盟68会員のうち25番目に大きい株式市場で、湾岸協力会議(GCC)全体の時価総額の48%、取引総額の75%を占めるGCCで最有力な市場である。Tadawulの詳細は次を参照:www.tadawul.com.sa

▽Tadawul問い合わせ先
Abdullah Al-Sharif
Tadawul
abdullah.sharif@tadawul.com.sa
+966 555 114 404

▽メディア問い合わせ先
Amy Rosenberg
Hill+Knowlton Strategies
amy.rosenberg@hkstrategies.com
+1 212 885 0581

Bobby Morse
H+K Financial
bobby.morse@hkstrategies.com
+44 (0)20 7466 5151

▽投資家関係問い合わせ先
Rouaa Fadl
Marco
rouaa@marco.sa
+966 599 589 552

(注1) (リンク ») - 2018年2月の時価総額は1兆7457億7000万サウジリアル(4655億4000万米ドル)と記載

(注2) (リンク ») – 2018年2月の1日平均取引額は33億8754万4258.61サウジリアル(9億334万5135.629米ドル)と記載

ソース:Tadawul

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]