学校法人神奈川映像学園の新理事長に富山省吾氏が就任 -- 日本映画大学

日本映画大学 2018年04月06日

From Digital PR Platform




日本映画大学を擁する学校法人神奈川映像学園(神奈川県川崎市麻生区)では、佐々木史朗理事長の退任に伴い、4月3日付で富山省吾氏が新理事長に就任した。




 富山氏は平成26年4月から4年間、同法人の理事を務めた。また、株式会社東宝映画社長、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」スーパーバイザーも務めた。現在、日本アカデミー賞協会事務局長、城戸賞選考委員。

 富山氏は理事長就任にあたって「日本映画大学が目指すべき未来像については、『開く』ことと『広げる』ことだと思います。2つの可能性に向かって大学を開き、広げたいと考えます。1つは卒業後の進路。もう1つは世界に向けて、です。これらが今日の日本映画大学が大学として社会に貢献し、その価値を評価される道であると信じています」と述べた。


▼本件に関する問い合わせ先
日本映画大学 入試・広報部
住所:〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:044-951-2511
FAX:044-951-2681
メール:info@eiga.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]