編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ドラゴンボート選手権で世界の注目を集める中国トップ大学

Zhejiang University

From: 共同通信PRワイヤー

2018-04-10 15:14

ドラゴンボート選手権で世界の注目を集める中国トップ大学

AsiaNet 72999 (0624)

【杭州(中国)2018年4月9日新華社=共同通信JBN】世界最高の高等教育機関に学ぶ学生たちが初の「International Elite University Dragon Boat Championships」に参加するため中国南東部の浙江省杭州市に参集した。浙江大学が主催した同競技会にはオックスフォード、ハーバード、スタンフォード、マサチューセッツ工科大学など15チームが参加、3月27日、杭州市の金沙湖で伝統的な中国式ボートレースが行われた。

浙江大学で国際関係部門の事務局長を務めるリー・ミン氏は「ドラゴンボート選手権は注目を集めるという点では非常に有効だ。国際関係という面から見ても、スポーツを通じてより良く知り合うことができ、コミュニケーションもうまくいく」と語った。

世界で180の提携校を持つ同大学は、毎年3000人を超える学部生を海外に送り出しており、外国人学生も6000人を超えている。中国では常にトップ校の1つに数えられる同校は数多くの取り組みを通じて、国際的な評価をさらに上げようとしている。

エール大学医学大学院のアンナ・ワン・ロー元教授によれば、1897年創立の伝統ある浙江大学にInstitute of Neuroscience and Technologyを創設することを思い立たせたのは協力の精神だと言う。

ロー氏は「中国の大学をいろいろと見た結果、浙江大学にほれ込んだ。エンジニアリングと医学に強く、強力な付属病院も持ち、学生の質も良かった」と述べた。

浙江大学はこの種の革新的な研究活動、幅広い国際提携、最先端設備などで同校の国際キャンパスに外国人学生を誘致したいとしている。「東西の教育哲学の融合」と言われる海寧国際キャンパスについて、フー・リアンチェン同校学長は「2016年に開校し、現在の学生に加え、さらに4000人を増やす収容力がある」と述べた。

同校が提供するコースには2つの学部レベルの共同学位が含まれており、1つはスコットランドのエディンバラ大学との生体医科学、もう1つは米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校との工学である。提携大学2校の教員の下で4年間学んだ学生はダブルディグリーを授与される。

金沙湖の湖岸に戻ると、マサチューセッツ工科大学の20歳の化学専攻学生ダーネル・グランベリー君は、杭州市にも大学にも興味を覚えたと言う。ボストンにいないとすれば、浙江大学で勉強する気持ちがあるかと問われた同君は「入れてくれればだけど、もちろんある」と答えた。

ソース:Zhejiang University

画像リンク: (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]