二層検出器CTが進化した「IQon Elite Spectral CT」を発売開始

株式会社フィリップス・ジャパン 2018年04月11日

From PR TIMES

Spectral is Always On - スペクトラルイメージングを臨床現場のルーチンワークの中でより幅広く活用するためには何が必要か、その答えがここにある。

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下 フィリップス)は「2025年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。



[画像1: (リンク ») ]

このたびフィリップスでは、全身用マルチスライス CT「IQon Elite Spectral CT」を発売開始します。IQon Elite Spectral CTは異なる素材のシンチレーターを上下二層に配置した二層検出器CTとして販売中のIQon Spectral CTに進化を加えた上位モデルであり、スペクトラルイメージングによる画像診断を更に強力にサポートします。


スペクトラルイメージングでは,仮想単色X線画像,ヨード密度画像,実効原子番号画像など,さまざまな情報を持った画像取得が可能であり,これらのマルチコントラストを用いた画像診断が新たな臨床的価値を生み出しています。たとえば腎機能が低下した患者様への検査では造影剤腎症のリスクを伴うため造影剤の使用が制限されてしまう状況があり,画像診断のひとつの課題とされていました。しかし,スペクトラルイメージングの仮想単色X線画像は,少量の造影剤投与でも画像コントラストを向上させることが可能であるため,腎機能低下患者様における診断に貢献しています。また、従来CT装置は形態情報とCT値が画像診断の要であるため、ビームハードニング、各種アーチファクトの影響によりこれらの情報の信頼性が揺らぎ、結果としてCTのみでは十分な診断に至る情報を得ることができず、診断確定のために他モダリティも含めた追加検査が必要となるケースも存在していました。しかしヨード密度や実効原子番号を用いた定量評価により,CT値だけでは判別がつきにくい病変や組織がより明確に診断できるようになりました。

従来のワークフローを変えることなく、課題と考えられていた症例にもスペクトラルイメージングが答えを提示することで、最初に行うCT検査が最善の選択となる可能性が高まっています。

スペクトラルイメージングのスループット向上

[画像2: (リンク ») ]


二層検出器CTでは全ての検査においてスペクトラルイメージングが可能なデータを収集しています。このデータをより効率良く日常の全ての検査で活かすべくHyperSight Elite Spectral Reconstructorを開発しました。画像処理能力を大幅に向上させたことで,迅速に検査のアウトプットにアクセスできるため,救急でのスペクトラルイメージングの活用など新たな領域にも対応していきます。

<さらに高まる診断確度>
Calcium Suppression
骨髄イメージングを描出するカルシウム抑制画像が新たにスペクトラルリザルトに追加されました。従来のCTでは骨の高いコントラストにより表現が難しかった骨挫傷の診断において、カルシウム成分を抑制した画像を用いることで骨髄浮腫の状態を可視化し、MRI等の追加の検査削減や確定診断までの時間短縮を図ります。
[画像3: (リンク ») ]


Electron Density
電子密度画像が新たにスペクトラルリザルトに追加されました。画像のCT値を電子密度へ変換する場合に比べ、電子密度画像を直接再構成することで被写体の体格や肩や骨盤などから多く発生するアーチファクトによる影響が少なくなり、治療計画への応用が期待されます。
[画像4: (リンク ») ]


フィリップスについて
1891年オランダで創業し、ビジネスモデル変革と長い歴史の中で培った技術と知見を生かしながら、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」においてイノベーションを実現してきたヘルスケア・カンパニーです。フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢者社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2017年10月1日より社名を変更し、ヘルステックカンパニーとして、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいます。今後、「病院」というプロフェッショナルな分野におけるフィリップスの先進医療機器と、パーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がり、デジタルプラットフォーム上でビッグデータが解析されることで、総合的な医療、リアルタイム分析、付加価値サービスが可能になります。これにより、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供し、医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指しています。( (リンク ») )

ロイヤル フィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2016年の売上高は174億ユーロ、オランダを拠点に全世界に71,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]