アリメンタリア2018にはアジアの入場者、出展者が多数参加する見通し

Fira de Barcelona 2018年04月13日

From 共同通信PRワイヤー

アリメンタリア2018にはアジアの入場者、出展者が多数参加する見通し

AsiaNet 73036 (0635)

【バルセロナ(スぺイン)2018年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】主要な食品・飲料およびフードサービスの国際展示会の1つであるアリメンタリア・バルセロナ(Alimentaria Barcelona)( (リンク ») )は、国際化・ビジネスおよび高水準のイノベーションのための主要なプラットフォームを食品産業に提供し、美食を差別化要因にするため、数年来最大級の展示会を始めるところである。4月16-19日にスペインのFira de Barcelona( (リンク ») )で開催されるこのイベントは、アジア諸国からさらに多くの展示企業を引き付ける見込みである。

(Logo: (リンク ») )
(Photo: (リンク ») )

正味10万平方メートルを超える出展面積があり、レストラン、ホテルおよびマス・ケータリング向け設備の国際展示会Hostelcoとの共同主催で、小売およびHoReCa(ホテル・レストラン・カフェ)部門の双方にこれまでで最も総合的なサービスを提供する。約4500社の出展企業(うち約200社は中国などアジアの企業)および15万人以上の専門家の来場が予想される。

堅調な成長を見せる中国はスペイン製品にとって最も強力な海外市場で、Spanish Federation of Food and Drink Industries(FIAB)によると、2016年には11億ユーロと購入額が49%増加した。豚肉、ワインおよびオリーブ油が輸出品目の上位を占めた。一方、タイはスペイン食品に7200万ユーロを支出、スペインからの購入額が36%増と魅力的な市場になりつつあり、特に冷凍魚、魚粉およびオリーブ油が伸びた。日本、インド、韓国およびインドネシアもアリメンタリアにとってアジアの主要市場である。今回の展示会にはHosted Buyersプログラムを通じ、中国、韓国、日本、シンガポール、インドなどアジアの200社以上が招かれた。

▽美食とイノベーションの卓越
イノベーション推進と美食の品質がアリメンタリアの2つの主要なホールマークである。従って、展示会のアクティビティーは、主要トレンドを特定するとともに、食品、美食および旅行産業の連携強化を目指している。Alimentaria Experienceエリアでは、ミシュランの星を計45有する選り抜きシェフグループ(とりわけ、カルメ・ルスカイェーダ、アンヘル・レオン、エレナ・アルサックの各氏)による100以上のワークショップ、料理ショーが催され、Vinorum Thinkイベントには、ジャンシス・ロビンソン、ニック・ランダー両氏らトップクラスの国際ワイン専門家が参加する。Alimentaria Hubエリアは、知識、トレンド、ビジネスの中心になり、国際的バイヤーと出展企業との会合が約1万2500件行われる。

ソース:Fira de Barcelona

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]