加速度やVOCガスなど7種類の環境情報を取得する「USB型環境センサー」発売

オムロン株式会社 2018年04月18日

From 共同通信PRワイヤー

2018年4月18日

オムロン株式会社

加速度やVOC*1ガスなど7種類の環境情報を取得する
「USB型環境センサー」発売
~地震検知や空気質モニタリングで新たなIoTサービスの創出に貢献~

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁)は、7種類の環境情報(加速度、VOCガス、温度、湿度、気圧、照度、音圧)を取得できるセンシング機能を小型パッケージに集約した「USB型環境センサー」を2018年7月より法人向けに発売します。

【画像: (リンク ») 】

今回発売する「USB型環境センサー」は、MEMSデバイス技術を駆使し、加速度、VOCガスなど7種類のセンシング機能を29.1mm×14.9mm×7.0mmのパッケージに搭載した複合型センシングコンポーネントです。
小型のUSBタイプのため、ルーターやゲートウェイなどの機器に組み込みやすく、センサー本体のBluetooth®*2Low Energy技術によるビーコン通信*3や、機器側のネットワークを介してクラウドサーバーなどにさまざまな環境情報をリアルタイムに収集できます。ユーザーは、収集した加速度データを元に、オムロン独自の感震アルゴリズムにより地震の大きさを表す震度階級とも相関性の高いSI値*4を算出し、地震を検知できます。また、ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群の原因となるVOCガスの早期検知により、健康被害を防ぐことが可能となります。

オムロンは2016年7月に、電池駆動タイプで持ち運びが可能な「環境センサー」を発売し、これまでデータの取得がなされていなかった屋内外の環境をセンシングすることにより、顧客企業各社による様々なIoTソリューションやサービスの提供を支援してまいりました。このたび、各種機器へのUSB接続により電池が不要となる「USB型環境センサー」をシリーズに追加することで、地震発生時に機器への電源供給を瞬時に蓄電池に切り替えたり、宿泊施設でタバコなどの臭いを検知して空調を調節したりするといった、さまざまな用途における新たなIoTソリューションやサービスの創出に貢献してまいります。

*1  Volatile Organic Compoundの略。 揮発性有機化合物の総称。
*2  Bluetoothは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、オムロン株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標および商号は、それぞれの所有者に帰属します。
*3  低消費電力で通信が可能な近距離無線通信技術Bluetooth Low Energyを用いて、搭載機器から位置情報などを発信し続け、スマートフォンなどの受信機器側がロケーションに合わせて情報を活用する通信手段。
*4  スペクトル強度(Spectral Intensity)の略。構造物に対する地震動の破壊エネルギーの大きさに相当する。

■オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

■お客さまからのお問い合わせ先
オムロン株式会社 エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー
事業統轄本部 センシング&モジュールアプリ事業部 山ノ井 
TEL: 075-344-7148  E-mail: takefumi_yamanoi@omron.co.jp



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]