編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コラム : ハッカーによるサイバー犯罪と自国を守るために必要な責務

株式会社Doctor Web Pacific

2018-07-24 09:00

ロシアのハッカーによって悪いことが起きているということを「誰もが知っている」とき、人々を別の方法で納得させようとしても役に立たず、誰かにとって好都合なその言葉をまるで事実のように繰り返しますが、これらのハッカーは、必ずしもロシアの国民であるとは限りません。
###

彼らは、ロシア政府によって徴募されたサイバー犯罪者でもあります。

例えば、最近、数多くのポーランドの銀行が攻撃を受けましたが、攻撃者はほぼ即座に特定されました。

この攻撃の一環として、侵入者はポーランド金融監督局 (Komisja Nadzoru Finansowego、KNF) のウェブサイトを感染させました。この感染は1週間以上気づかれずにいましたが、その間に悪意のあるコードがウェブサイトを訪れたユーザーのコンピューターをリモートアクセス型トロイの木馬の展開を容易にさせました。

1月29日にポーランド外務省のインフラストラクチャへの攻撃の失敗に関する情報が Rzeczpospolita (日刊紙)に掲載されましたが、実際の侵害の試みは2016年12月に行われました。

外交通商部は、攻撃がハッカーグループAPT28によって行われたことを確信しています。APT28のメンバーは、ソフィーシーとファンシーベアの別名でも知られています。

(リンク ») ※ロシア語

(リンク ») ※ロシア語

詳しくは下段で説明します。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]