銀聯国際が「世界に飛び出そう」をテーマにキャンペーンを開始

UnionPay International 2018年04月23日

From 共同通信PRワイヤー

銀聯国際が「世界に飛び出そう」をテーマにキャンペーンを開始

AsiaNet 73187 (0701)

【上海2018年4月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*中国本土外の10万の加盟店がUnionPay(銀聯)カードボルダーに最大30%の割引を提供

中国OTAのデータによると、中国人旅行者の60%以上が今回のメーデーの休日中に中国本土外への旅行を計画しており、ホワイトカラー層は複数の休日を取得して長距離旅行することを好んでいる。銀聯国際(UnionPay International)は23日、「世界に飛び出そう」(Fly to the World)をテーマにしたキャンペーンを発表し、中国人のアウトバウンド旅行者に、より円滑で優れた決済体験を提供する。UnionPay(銀聯)カードボルダーは20の国・地域にある約10万の加盟店で限定オファーを受けることができる。

ピーク前に旅行した多くのUnionPay(銀聯)カードホルダーは、UnionPay(銀聯)が提供する豊富な割引をすでに享受したかもしれない。今日までにUnionPay(銀聯)の受け入れネットワークは168の国・地域に拡大して2300万以上の加盟店と中国本土外の164万台のATMを網羅している。銀聯国際(UnionPay International)はその豊富な受け入れネットワークを基に同社のカード使用の特典システムを向上させ、アジア太平洋、欧州、米国の多くの種類の加盟店と協力している。中東とロシアは今から6月20日までの間、UnionPay(銀聯)カードホルダーに最大30%の割引を提供する。

「世界に飛び出そう」に参加している加盟店には空港の免税品店、著名デパートとブランド店舗、レンタカー、レストラン、クルーズ、観光名所、通信サービスプロバイダーがある。UnionPay(銀聯)カードホルダーは、Agoda.comのようなOTAでホテルの部屋を予約する際にオンライン予約割引を受けられる。帰国後、カードホルダーは銀行と航空会社からの現金払い戻しや旅行代理店からカード使用のインセンティブを受けることが可能だ。

China Outbound Tourism Development (2017)(中国アウトバウンド旅行動向(2017))の年次リポートによると、ますます多くの中国人旅行者は現地の生活や文化の体験に時間をかけることを好むようになっている。この傾向と相まって、「世界に飛び出そう」はさらに多くのレンタカー企業、レストラン、クルーズ、娯楽施設を網羅し(UnionPay(銀聯)が昨年行った世界キャンペーンより30%増)、自由と自主性を重んじる旅行者に、より優れた体験を提供している。

旅行者は「UnionPay(銀聯)」アプリをダウンロードして、より多くのオファーを受けることができる。例えば、Kith Café、Bakery Cuisine、Pablo Cheese Tart、シンガポールの板長寿司といった加盟店でQRコードをスキャンすることで、カードホルダーは「UnionPay(銀聯)」アプリでの支払いで割引を受けられる。また、カードホルダーは同アプリから「U Plan」の電子クーポンをダウンロードすれば、米国のHertz、オーストラリアのTギャラリア、日本のツルハドラッグなど数十の加盟店で即時割引を受けられる。

ソース:UnionPay International

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]