東京都市大学 新棟(名称:新6号館)の竣工式を挙行

東京都市大学 2018年04月24日

From Digital PR Platform




 東京都市大学(東京都世田谷区、学長:三木千壽)では、世田谷キャンパス(同区)に新棟(名称:新6号館)が竣工し、4月24日に竣工式を行った。新棟の開所は同年5月を予定している。本事業は、同大の創立90周年(2019年)、100周年(2029年)に向けた中長期計画「東京都市大学アクションプラン2030」の一環であり、新棟には研究者間のシナジー創出を環境面から後押しする工夫がされている。




 同大が竣工した新6号館は、変化の激しい時代への対応と、建替えによって生じる環境負荷の抑制を両立させるため、建物内部の構成をニーズに合わせて随時変更可能にするとともに、研究室を広くワンルーム化して共用可能にすることで、研究者間のシナジー創出を環境面から後押しする工夫をしている。
本事業は、同大の創立90周年(2019年)、100周年(2029年)に向けた中長期計画「東京都市大学アクションプラン2030」の一環であり、今後行う研究棟・実験棟の改修・改築にも、そのフレキシビリティの高さを生かして貢献している。

■東京都市大学 新棟(新6号館)概要
【建築主】 
 学校法人五島育英会(東京都渋谷区/理事長:安達功)
【設計・監理】 
 学校法人五島育英会、株式会社東急設計コンサルタント、東京都市大学 堀場研究室
【施 工】 
 東急建設株式会社
【建物構造】 
 鉄骨造、地上4階建
【敷地面積】 
 4,401平方メートル
【延床面積】 
 7,909.16平方メートル
【コンセプト】
 効率化、機能維持、融通性(フレキシビリティ、スケルトン&インフィル)、オープン化、セキュリティ・セーフティ(オープン化対応)、コストマネジメント
【特 徴】
 ○変化の激しい科学技術の先端領域に対応する高い柔軟性(フレキシビリティ)を確保
 ○研究者間のシナジー創出を目的とした研究室・実験室の大空間化を実現
 ○中央部メカニカルシャフトと外壁側メカニカルバルコニーの設置により、設備の新設・変更・更新を容易化
 ○13m以上の大スパンを実現するため、中央部メカニカルシャフトを耐震装置に利用
 ○二重床による設備改修(給排水、電気)の容易化(下階への影響低減)
 ○ガラス間仕切りの導入による研究のオープン化(来訪者への成果展示)
【建物構造】
 鉄骨造、地上4階建
 ・1F 総合研究所 / 教室(約200~350名収容)
 ・2F 自然科学科実験室・研究室 / 物理・化学・地学・生物実験室
 ・3F 機械系製図室・実験室 / 自然科学科・エネルギー化学科共同実験室
 ・4F エネルギー化学科実験室・研究室

●東京都市大学アクションプラン2030
  (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報室
住所:東京都世田谷区玉堤1-28-1
TEL:03-5707-0104
FAX:03-5707-2222
メール:toshidai-pr@tcu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]