PCだけじゃない、お尻の熱暴走にも対策を!吹き抜けメッシュの高性能ゲーミングチェアを発売。

ビーズ株式会社 2018年04月25日

From 共同通信PRワイヤー

2018/04/25

ビーズ株式会社

PCだけじゃない、お尻の熱暴走にも対策を!
吹き抜けメッシュの高性能ゲーミングチェアを発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年4月25日、同社インテリアブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ) (リンク ») 」より、「フルメッシュゲーミングチェア GT-2001 (リンク ») 」を発売し、これから暑くなる時期のゲーマー自身の排熱対策をサポートします。

<究極のゲーミングチェアは夏も快適>
 GT-2001では、ヘッドレスト・背もたれ・座部において、メッシュ生地を採用し、通気性の良さを追求しました。 暑い時期でも長時間座った状態でプレイするゲーマーの“お尻の熱暴走”を回避します。
 一般的なチェアにおいて、メッシュを採用しているものには、1.クッションをメッシュ生地で包んでいるモデル、2.メッシュのみで構成しているモデル、と主に2つの種類があります。 本製品は通気性・放熱性に富む後者のタイプとなり、夏でも快適に座ることが可能です。 夏は扇風機をお尻に向ければ風が通り、効率よく涼しさを得られます。
 どの程度通気性が異なるのか、Bauhutteは検証実験を実施。 1時間の着座後、着座したままデジタルサーモメーターで内股周りの温度を測定しました。 一般的に通気性が低いとされるポリウレタン(PU)生地のチェアと比較したところ、PUチェアは34.1度、一方のGT-2001は31.0度と、約3度の差が出ていることが判明しています。

【画像: (リンク ») 】 【画像: (リンク ») 】

<可動パーツでベストゲーミングポジションを設定可能>
 GT-2001では、ゲーマーが快適にプレイに集中できるよう、ヘッドレスト、ランバーサポート(腰当て)、アームレスト(肘掛け)には高度に可動できるパーツを選択しました。 ヘッドレストは「高さ」「角度」を、ランバーサポートは「上下」「前後」「角度」を、アームレストは「上下」「前後」「角度」に加え、「左右」をも調節可能。 ゲーマーに必要な機能をすべて搭載したフラッグシップモデルです。

【画像: (リンク ») 】 【画像: (リンク ») 】

<「ニコニコ超会議2018」で試座可能>
「ニコニコ超会議2018」において、GT-2001を展示・販売予定。 Bauhutteブースにて座り心地を体験可能です。
(リンク »)

<製品スペック詳細>
【ブランド名】Bauhutte(バウヒュッテ)
【商品名】フルメッシュゲーミングチェア
【型番:カラー】GT-2001:ブラック
【サイズ】幅680(680~770)mm×奥行650(650~950)mm×高さ1150(1010~1330)mm
     座部の高さ:420~510mm
【重量】23.5kg
【耐荷重】100kg
【価格】オープン価格(税別参考57,000円)
【製品ページ】 (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]