メルコリゾーツ、ガレナと提携しeスポーツイベントをスタジオ・シティで開催

メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社 2018年04月27日

From Digital PR Platform


(リンク »)
eスポーツ専用アリーナとして変貌させたスタジオ・シティ・イベントセンターで2,000人のファンがリーグ・オブ・レジェンド-マスターシリーズ春季ファイナルを観戦。本イベントセンターではこれまでに、マドンナやGOT7のコンサートが開催され、最新鋭の音響設備とステージテクノロジー、最先端のライブ国際放送向け衛星放送設備を完備。

【 2018年4月23日マカオ発】 – メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO、以下メルコリゾーツまたは当社)は、デジタル・エンターテインメント・プラットフォームのガレナ(Garena)と提携し、リーグ・オブ・レジェンドのマスターシリーズ(LMS)2018年春季ファイナルを、同社が運営する統合型リゾーツ(IR)である「スタジオ・シティ マカオ」で4月22日に開催しました。エンターテインメントの未来を創造するというミッションを掲げるメルコリゾーツは、マカオで初開催となったLMSトーナメントに2,000人の観客を迎え、地域最大級のeスポーツイベントを成功させました。

メルコリゾーツのスタジオ・シティ マカオの総責任者であるGeoff Andresは、「当社は多彩なエンターテイメント体験をお客様に提供するために、常に新しいアイディアを探求しています。この数年、アジアではテクノロジーをベースにしたユニークな最新エンターテインメント需要の高まりに注目してきました。この分野においてeスポーツが急浮上し、急速な成長を見せています。今回、ガレナとの提携によってLMS2018年春季ファイナルをマカオで初めて開催できたことを大変喜ばしく思っています。本イベント開催により、コタイで開催されるスポーツイベントの水準を引き上げました。中期的には、更に革新的なエンターテインメントイベントを、地元マカオのお客様に加え、マカオ観光に来られたお客様へと拡張していきます」と述べています。

ガレナのLMS eスポーツマネージャー、ベン・リー氏は、「リーグ・オブ・レジェンドのマスターシリーズ(LMS)春季ファイナルと夏季ファイナルは、台湾、香港、マカオ地域において、最高レベルであると同時に最大級のeスポーツトーナメントですが、これまでは台湾のみでの開催でした。マカオのファンが近くでeスポーツを楽しめる機会を提供いただけたスタジオ・シティのサポートに感謝いたします。ファンの皆さまには、参加チーム同士のダイナミックな対戦を通して、eスポーツのパワーとエネルギーをライブで感じていただけたことを嬉しく感じています。プレーヤーの皆さまが、eスポーツに参加し、世界を舞台に活躍する夢を追い求める中、当社はマカオにおけるeスポーツをさらに発展させていきます」と述べられています。

近年、急拡大するeスポーツ市場はその観客の急増においても世界から注目を集めています。中国が、世界のeスポーツ観客の半数以上を占め、その大半は30歳以下の世代です。一方、この年齢層は、マカオを訪れる観光客に占める割合が少ない年齢層でもあります。eスポーツの収入源は、メディア権利、広告料、出版社からの報酬、スポンサー契約、チケット販売など多様化を見せ、その市場機会もさらに拡大しています。メルコリゾーツとガレナのこの度の提携は、マカオがアジアにおいて、多彩な魅力を備えた観光地として進化していることを示すひとつの実例と言えます。

セーフハーバー条項
本プレスリリースには、1995年米国私募証券訴訟改革法(the U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1995)のセーフハーバー(safe harbor)条項で定められている「将来予想に関する記述」(forward-looking statements)が含まれています。書面あるいは口頭に関わらず、当社が米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission (SEC))に定期的に提出する報告書類、株主向けの年次報告書、プレスリリースその他の文書、および当社の取締役、役員、従業員が第三者に向けて話す発言内容にも、同様の「将来予想に関する記述」が含まれている場合があります。会社が信じていることや見込んでいることなど、過去の歴史的事実ではない内容はすべて「将来予想に関する記述」です。これらの「将来予想に関する記述」には、リスクや不確定要素が内在し、多くのさまざまな要因により、実際の結果が「将来予想に関する記述」の内容と著しく異なる場合があります。これらの要因とは、(i) マカオおよびフィリピンでのゲーミング市場及び訪問者の成長動向、(ii) 資本市場 および金融市場の変動、(iii) 地域および全世界レベルでの経済状況、(iv) 当社が見込んでいる成長戦略、(v) ゲーミング監督当局およびその他政府の認可および規制、(vi) 当社の将来的な事業展開、経営成績および財務状態などが含まれますが、この限りではありません。「かもしれない」、「だろう」、「期待される」、「予定である」、「目指す」、「狙う」、「見積る」、「意向である」、「計画である」、「信じる」、「潜在的な」、「継続する」、「となる模様」といった記述およびこれらに類似する表現により「将来予想に関する記述」を特定できる場合があります。それらのリスク、不確定要素、変動要因、その他に関するより詳細 な情報は、当社が SEC に提出する報告書類に記載されます。本プレスリリースに記述されるすべての情報は、本プレスリリースの日付時点のものであり、適用される法令において必要とされる場合を除き、当社はそれらの情報 の訂正や更新をする義務を一切負いません。

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて
米国預託株式(ADS)を米国 NASDAQ グローバル・セレクト・マーケット(NASDAQ:MLCO)に上場するメルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、アジアにおける統合型リゾート施設の開発・所有・運営を行う会社です。当社は、現在、マカオのタイパ地区にあるホテル、アルティラ・マカオ( (リンク ») )およびマカオのコタイ地区にある統合型都市リゾート、シティ・オブ・ドリームス( (リンク ») )を運営し、マカオのコタイ地区にある映画をテーマとした統合型のエンターテインメント、リテール、ゲーミング・リゾートであるスタジオ・シティ( (リンク ») )の株式の過半数を所有するとともに運営し、ノンゲーミングとしてはマカオ最大の電子ゲーミング・マシンの運営を手がけるモカ・クラブ( (リンク ») )を運営しています。また、フィリピンでは当社子会社がゲーミング、ホテル、リテールおよびエンターテインメントを統合したリゾート施設、シティ・オブ・ドリームス マニラ ( (リンク ») )を運営しています。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。
当社の筆頭株主は、ローレンス・ホーが率いるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドです。同社は香港証券取引所に上場しています。

【本件に関するお問合せ先】
メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパンPR事務局
(株式会社旭エージェンシー内)
担当 : 黒瀬、西田 / Tel : 03-5574-7890 Fax : 03-5574-7887
Mail : melco@asahi-ag.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]