敬愛大学が経営学科に「地域産業コース」を新設 -- 「地域活性化人材」を育成

敬愛大学 2018年04月27日

From Digital PR Platform




敬愛大学(千葉市稲毛区)は2018年4月、経営学科に「地域産業コース」を新設。これまでの3コース制から4コース制となった。「地域産業コース」では、フィールドワーク等を通して千葉県の産業や文化などについて学び、県内の企業(起業家含む)・金融・行政で活躍できる人材を育成することを目指す。




 敬愛大学では、地域活性化、地方創生が叫ばれる昨今の社会的ニーズに応えるべく、経営学科に「企業経営コース」「商業・会計コース」「スポーツビジネスコース」の3つのコースを設置していた。このたび、新たに1コースを加え、4コース制とすることでより一層の教育内容充実を図る。新しく開講する「地域産業コース」の概要は下記の通り。

●経済学部 経営学科「地域産業コース」
【設置背景および概要】
・地域活性化、地域創生が叫ばれる昨今の社会的ニーズに応えるべく、「地域を学び、地域に貢献できる人材」を育成する教育カリキュラムの構築。
【育成目標と方針】
・千葉県の産業、文化、歴史、行政について具体的な対象を用い、実地調査(フィールド・ワーク)を行う。 
 加えて地域先人の文化、歴史を学ぶことの重要性を認識したうえ、講義の理論面と実践面を結びつけ、課題発見とそれについての実行可能な具体的解決策の提案・実行ができることを目指す。
・千葉県の企業(起業家含む)・金融・行政で活躍できる人材を育成する。
 ※具体例
 千葉県の地域の健康・活気のあるまちづくりと関連産業で活躍できる人材
 千葉県の産業集積を学び、地域活性化のアイデアを創出できる人材
 事業承継(M&Aなど)による地域活性化のための人材
【卒業後の目標進路】
・県内企業への就職・起業、地域金融機関、各種団体職員、経営コンサルタントなど

(参考)
○敬愛大学経済学部 経営学科
 経営学に関する幅広い知識だけではなく、実践的な現場対応力も身につけ、千葉県などの地域密着型の企業で活躍できる人材を養成する。どのコースでも経営学の基本的な内容を共通して学び、各コースでは実践的な活動につながる応用的な科目を中心に学ぶ。
 <募集定員> 110名
 <URL>  (リンク »)
◇企業経営コース
 経営の基礎から応用、地域産業や業種の特徴とその経営・管理の手法を学び、企業で活躍できる人材を育成
◇商業・会計コース
 品物やお金の流れの視点から、地域産業の実態や業種の特徴とビジネス手法や企業会計を学び、地域経済の活性化に貢献できる人材を育成
◇スポーツビジネスコース
 経営知識と健康運動科学、スポーツ実技を学び、地域に密着したスポーツクラブ経営、スポーツ用品販売などスポーツビジネス・産業で活躍できる人材を育成
◇地域産業コース
 千葉県の企業(起業家含む)・金融・行政で活躍できる人材を育成

▼本件に関する問い合わせ先
IR・広報室
住所:千葉県千葉市稲毛区穴川1-5-21
TEL:043-284-2335
FAX:043-284-2261
メール:irkikaku@u-keiai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]