編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マクラーレンが先駆的eスポーツプログラムの次の段階を開始

McLaren

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-09 14:40

マクラーレンが先駆的eスポーツプログラムの次の段階を開始

AsiaNet 74293 (1197)

【ロンドン2018年7月9日PR Newswire=共同通信JBN】
地球上での最もオープンで包括的なレーシングeスポーツトーナメント - グローバルな参加、複数のプラットフォーム、最大のゲーム。

オンラインゲーマーのルディ・ファン・ビューレンは12カ月前、故郷であるオランダのレリスタットのセールスマネジャーだった。2018年2月23日、MCL33の発表で、彼はマクラーレン(McLaren)の公式シミュレーター・ドライバーとして、マクラーレンF1ドライバーのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの横に立った。26歳のファン・ビューレンは、マクラーレンが2017年に実施した画期的eスポーツ競技会の優勝者で、78カ国にまたがる3万人の応募者を破り、「世界最速のゲーマー」の栄冠に輝いた。

Video: (リンク »)

(Photo: (リンク ») )

(Photo: (リンク ») )

ルディ勝利のVideoを見る: (リンク »)

2018年1月、ファン・ビューレンはサウジアラビアのRace of Championsイベントでプロのレーシングドライバーと対戦、ランド・ノリス、ジョエル・エリクソン、ティモ・ベルンハルトすらも破って、マクラーレンが採用した厳格な選考プロセスの正当性を証明した。

マクラーレンのベン・ペイン・eスポーツ・ディレクターは「昨年の競技会は、レーシングゲーマーとして身に付けたスキルが現実世界に移転可能であることを証明した。これは、レーシング分野に特有のものだ。eスポーツと現実世界のレーシングは互いに学び合うことが多く、昨年の競技会は始まりにすぎない」と語った。

「McLaren Shadow Project(マクラーレン・シャドープロジェクト)」は、マクラーレンの現実世界を暗示するバーチャル・レーシングプログラムである。マクラーレン・シャドープロジェクト2018のチャンピオンは、新しいマクラーレンeスポーツチームの一員の座を獲得し、世界最高のチームとオンラインでのレースに臨むことになる。優勝者はまた、マクラーレンeスポーツ開発プログラムへのアクセスと、うらやまれるようなお宝を手に入れることができる。

ルディのレースを見る: (リンク »)

ベン・ペイン・ディレクターは「マクラーレン・シャドープロジェクトは、地球上で最もオープンかつ包括的なレーシングeスポーツ競技会になるだろう。われわれは、全世界から、あらゆるバックグラウンドを持つ最も才能あるバーチャルレーサーを探している。これを可能にするために、我々は世界最大のレーシング・ゲームブランドと提携した。 モバイルのReal Racing(TM)3、XboxのForza Motorsport、PCレーシング・シミュレーションのiRacingとrFactor 2である」と付言した。

マクラーレンにとって、Real Racing(TM)3のようなよりカジュアルなゲームの取り込みは不可欠である。昨年のファイナリストであるデンマークの外科医ヘンリク・ドゥルー氏は、コンソールやPCでレーシングゲームをプレイしたことがないにもかかわらず、決勝に進んだ。彼は、マクラーレンのチームが設定した厳格な認識力テストで、他のファイナリストの大部分を上回り、トラック上で自己最高記録を塗り替えた。

Videoを始動: (リンク »)  

マクラーレン・レーシングのザック・ブラウン最高経営責任者(CEO)は「シーズン1は、eスポーツがモータースポーツにとって新たな才能のフロンティアであることを証明した。2017年にこのプログラムを他に先駆けて開始したマクラーレンは、シーズン2では世界的な対象範囲・関与をさらに拡大させるようなコンセプトを策定する予定だ。力強く、多様なeスポーツプログラムは、マクラーレンの革新的な野心にとって直接的な利益であり、モータースポーツに新たな観客、パートナー、そして才能をもたらすものである。オンラインの世界全体で複数のプラットフォームに取り組んでいくことで、マクラーレンはモータースポーツのeスポーツ界における重要ブランドとして確立されることになるだろう」と語った。

マクラーレン・シャドープロジェクトは誇らしくも、Logitech G、HTC Vive、Sparco Gaming、Alienwareによってサポートされている。

参加方法:

*グローバルオンライン資格レースは2018年8月に始まり、夏の間中、実施される。18歳以上でなければいけない。
*レースは、Forza Motorsport(Xbox One)、Real Racing(TM)3(mobile)、iRacing、rFactor 2(PC)を含む複数のゲームで行われる。
*セミファイナリスト(モバイルとコンソールのレース)は、決勝進出を懸けた競争のため英国のマクラーレン本社に招待される。決勝は2019年1月に行われる。
*選ばれた予選と準決勝、決勝はマクラーレンがライブストリーミング配信する。
* (リンク ») から参加を。

ソース:McLaren

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]