太陽光発電は3年以内に世界のほぼすべての国で最安価のエネルギーにLONGi社長が予測

LONGi Green Energy Technology Co., Ltd. (LONGi) 2018年07月10日

From 共同通信PRワイヤー

太陽光発電は3年以内に世界のほぼすべての国で最安価のエネルギーにLONGi社長が予測

AsiaNet 74307 (1200)

【ベルリン2018年7月10日新華社=共同通信JBN】第9回中独経済技術協力フォーラム(Sino-German Economic and Technical Cooperation Forum)が7月9日にベルリンで開かれ、中国大手の太陽光発電(PV)産業会社であるLONGi Green Energy Technology Co., Ltd.(以下LONGi)のリ・ジェングオ社長が、エネルギー転換とエネルギー保存をテーマにするフォーラムで基調講演を行った。同社長は講演の中で、太陽光発電(PV)は今後3年以内に、世界のほとんどすべての国で、最も安価な電力資源になるだろうと語った。

同社長はさらに、太陽光発電とエネルギー保存が最も安価なエネルギー源になるとして、「Solar for Solar(太陽光発電のための太陽光)」の理想が将来実現するだろうと語った。2050年までに、PVは年間数千ギガワット(GW)の電力を生み出すだろう。

LONGiは、ソーラー単結晶シリコン発電製品の世界大手メーカーである。同社は設立以来一貫して単結晶テクノロジーに注力して、単結晶シリコンウエハー、単結晶電池とモジュール、分散型太陽光発電プラント、地上太陽光発電プラントなどに取り組んできた。Photonのtriathlon(トライアスロン)ランキングによると、LONGiは最優秀財務健全性指数で1位、最優秀財務安定性指数を持つうちの1つである。

LONGiは450人以上の研究・開発(R&D)チームを抱え、260の中国特許を取得している。2012年に上場以来、同社は研究・開発に総計3億8500万米ドルを投資しており、世界の太陽光発電産業の中で1位にランクされている。LONGiは単結晶ウエハーと部品の世界最大のプロバイダーであり、2017年の営業収益は25億5600万ドル、純益5億5700万ドル、総資産は51億4000万ドルである。

詳しい情報は (リンク ») を参照。

ソース:LONGi Green Energy Technology Co., Ltd. (LONGi)

画像リンク先: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]