編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RubyビギナーのためのStep upコラム > 第5回 RubyとPythonの文法や環境を比較してみる

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2018-07-30 09:00

CTC教育サービスはコラム「RubyビギナーのためのStep upコラム > 第5回 RubyとPythonの文法や環境を比較してみる 」を公開しました。
###

みなさん、こんにちは。
Rubyistの皆さんは当然ながら、日々、Rubyを使われていることかと思います。別に、ほかの言語のことなんて気にならないよ、という方も多いかもしれませんが、でもやっぱりRubyをウォッチしていると、どうしても気になってしまうのが、Pythonではないでしょうか?

PythonはRubyと同じく、スクリプト言語であり、オブジェクト指向言語であり、オープンソースでもあります。Ruby言語自体の歴史は20年以上と意外と古いのですが、Rubyが全世界的にブームとなったのは2005年にバージョン1がリリースされたRuby on Railsという、当時ホットなアーキテクチャだったサーバサイドのWebアプリケーションの生産性を劇的に向上するフレームワークがきっかけでした。それを契機として、その後の新しい技術の流れを次々に取り込んでメジャーになっていったわけですが、Pythonもやはり同じく昨今のAIブームに乗って、一気に注目を浴びる言語となりました。最新の技術やアーキテクチャにフィットしてスターダムにのし上がるというストーリーに親和性を感じる人も多いのではないでしょうか?

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]