GitHub Enterprise 2.14をリリース

ギットハブ・ジャパン合同会社 2018年07月13日

From Digital PR Platform


オープンソースプロジェクトおよびビジネスユースを含む、ソフトウェア開発プラットフォームを提供するGitHub, Inc.(本社:米国サンフランシスコ、以下ギットハブ)は、企業向けサービスである「GitHub Enterprise」にオープンソースコミュニティのパワーを活用できる新機能を追加した新たなバージョン「GitHub Enterprise 2.14」を本日7月12日(米国現地時間)にリリースしました。

GitHub Enterprise 2.14 ダウンロード
(リンク »)

【新機能の概要】
ユニファイドサーチ機能
GitHub EnterpriseだけでなくGitHub Business Cloudも利用している場合、ファイアウォール越しに、GitHub.com上のオープンソースのリソースへのアクセスも可能になります。セキュリティを犠牲にすることなく、パブリックコンテンツを検索し、GitHubコミュニティ全体とのコラボレーションが実現できます。
[ユニファイドサーチ機能の詳細はこちら]
(リンク »)

Checks API(パブリックベータ)
Checks APIは、継続的インテグレーション、lint、受け入れテストをGitHub上で実行可能な高( (リンク ») )を使用してビルドの成功や失敗をレポートし、詳細情報へのリンクを含めていました。新しいChecks API機能を使用することでとビルド中により多くのステータス情報の指定が可能となり、より詳細な情報を収集できるため、ユーザーのエクスペリエンスは、これまで以上にシームレスなものになります。
[Checks APIの詳細はこちら]
(リンク »)

複数のIssueテンプレートを提供
複数のIssueテンプレートを作成が可能になりました。加えて、テンプレートの設定プロセスも改善され、Issueテンプレートの管理が、これまで以上に容易になり、参加メンバーが多いプロジェクトのマネジメントに最適です。複数の用途に合わせて最適なテンプレートを各々設定することで、ノイズを減らし、より容易な管理とともに貢献が促進されます。
[Issueテンプレートの詳細はこちら]
(リンク »)

ホワイトスペースの無視
コードをレビューする際に、diffにホワイトスペースの変更がいくつも含まれていると、重要な変更を見逃す危険性が高まります。今回のリリースではdiff表示が改善され、ホワイトスペースの変更をスキップする機能が実装され、コードの更新箇所だけを表示できるようになりました。diff設定をクリックして、自動的にフィルタリングされるようにビューを変更してみてください。
(リンク »)

[ホワイトスペースの無視に関する詳細はこちら]
(リンク »)

複数レビュアーの必須化
プロジェクト規模の拡大とともに、複数のレビューアーによるコード変更の確認が必要となる場合があります。今回のリリースから、Protected Branchの設定上でPull Requestに対して複数のレビュアーを指定することが可能となりました。この機能により重要なプロジェクトにおいて、想定外の変更が起きないように保護ができます。
(リンク »)

[複数レビュアーの必須化に関する詳細はこちら]
(リンク »)

管理がより簡単に
サポートチケットの自動化
GitHub Enterpriseにおいて、直接サポートチケットを作成し、診断情報の送信が可能になり、今までよりさらに迅速にヘルプを受けられるようになりました。また、コマンドの出力を使ってサポートチケットを直接アップロードできる新たなコマンド「ghe-support-upload」が作成されました。

非アクティブユーザーの管理
GHE2.14では、ユーザーがアクティブでないと見なす日数のデフォルトのしきい値が、30日から90日へ変更され、開発者はより長期間に渡りアクセスを保持できるようになりました。また管理者はこのしきい値を自身のチームの方針に合わせて変更することも可能になりました。
[休眠状態のしきい値に関する詳細はこちら]
(リンク »)

匿名でのGitアクセス
GitHub Enterprise環境がプライベートモード(リンク ») )の場合" target="_blank"> (リンク ») )の場合、パブリックリポジトリに対する匿名でのGitアクセスの設定が可能になりました。その結果、継続的インテグレーションのツールやビルドマシン上で、シームレスにコードへアクセスし、テストやパイプラインのデプロイ実行が、より容易になりました。また、git submoduleを使用するGoプロジェクトやSwiftプロジェクトの配布が簡単になります。
[匿名でのGitアクセスに関する詳細はこちら]
(リンク »)

その他のアップデート
● プロジェクト権限の改善: チームのプロジェクトに対する権限とパブリックプロジェクトを作成する機能を、より詳細な設定が可能になり、組織内のプロジェクトへのアクセス権を持つユーザの更新が、容易になりました。
● ユーザホバーカード: プロジェクトコラボレータのアバターやユーザ名が表示されている場所(一部を除く)にマウスカーソルを置くことで、当該コラボレータの詳細情報を参照することが可能になりました。この情報には、開発者とコラボレータとのやり取りに関する固有情報も含まれます。
● ジャンプ機能: GitHubの検索バーをクリックするか「/」キーを押して、最近表示したチームのページ、リポジトリ、プロジェクトにすばやい移動が可能になりました。
● 個人( (リンク ») )および組織 ( (リンク ») ) のダッシュボードの改善: 個人と組織のダッシュボードが改善され、アクティビティの投稿の表示数が増え、コンテンツの構成が見やすくなりました。

[GitHub Enterprise 2.13リリースノート]
アップデートの詳細は、こちらをご覧ください
(リンク »)

【GitHub Enterpriseについて】
GitHub Enterpriseは、プライベートリポジトリやセキュリティなどのコンプライアンスを遵守できる企業向けオンプレミス製品です。
GitHub FlowをベースとしたPull Requestやコードレビューなど、OSSプロジェクトで活用されているGitHub.comの機能をそのまま利用しながら、プライベートリポジトリを作成して2要素認証でアクセス制限をかけるなど、企業における開発環境に適したサービスを提供しています。

【ギットハブについて】 (リンク »)
GitHubは世界で2,800万人にのぼる開発者および180万の組織に利用される開発プラットフォームです。プログラミング環境にオープンな会話と協調を重んじるコミュニケーションによって、コラボレーションを促進する開発環境を提供しています。これらの開発を実現するワークフローで必要となるコードレビュー、プロジェクトおよびチームマネージメント、ソーシャルコーディング、ドキュメント管理などに、これまで以上の効率性と透明性をもたらし、より高速かつ品質の高いソフトウェア開発を支援しています。
GitHubは多様なユースケースに適した開発プラットフォームを用意しており、オープンソースプロジェクトから企業における機密性の高いソフトウェア開発までに対応できます。無料で利用できるパブリックリポジトリはオープンソースプロジェクトにて多く利用されていますが、プライベートリポジトリが利用できる有償サービス、GitHub EnterpriseやBusiness Cloudなども提供しています。
2008年に米国サンフランシスコで創業したGitHub, Inc.は、初の海外支社として、2015年に日本支社を開設しました。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]