編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運用しているiCD活用システムからの移行プログラムを2018年8月1日より開始

株式会社ワン・オー・ワン

From: DreamNews

2018-07-18 09:00

ワン・オー・ワンでは、企業における人財情報を統合したデータベースの構築プラットフォームとして「Enterprise Skills Inventory」(ESI)を2010年より提供しており、多くの企業でご導入いただいております。今回(2018年5月31日)、IPAから発表されたiCD活用システムの利用規約改定によりiCD活用システムの利用期限を迎える企業のデータ移行支援を行います。ワン・オー・ワンはiCD活用システム開発にかかわった経験とiCDに準拠した機能を持つESIを生かしてiCDの活用を推進する企業を強力に支援します。

支援内容はiCD活用システムから移行可能なデータを移行先のシステムまたはクラウドサービスへ復元します。復元されたデータは新システム上で企業利用として有効に活用することができます。iCD普及目的でIPAから提供されている活用システムの利用制限を気にすることなく企業の要望をかなえるiCD活用プラットフォームの構築が早く安く簡単に実現します。

【本プログラムおよびESIのお問合せ】

お問合せフォーム: (リンク »)
株式会社ワン・オー・ワンについて: (リンク »)

【その他情報】

iCDオフィシャルサイト (リンク »)
IPAからの利用規約変更のお知らせ (リンク »)

【本プレスリリースに関する問い合わせ先】

株式会社ワン・オー・ワン
担当 : 二階堂 隆
TEL  : 03-3239-8313
E-Mail: esi@101s.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワン・オー・ワンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]