編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

遠隔監視・データロギングの用途に特化した新シリーズを追加、CONPROSYS(R)テレメータシリーズ 新発売

株式会社コンテック

From: DreamNews

2018-07-18 10:30

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、産業IoTの総合ブランド「CONPROSYS(R) (コンプロシス)」に遠隔監視・データロギングの用途に特化した新シリーズを追加、CONPROSYS テレメータシリーズとして2018年7月18日より販売開始しました。

【製品情報】
型式: CPS-TM341MB-ADSC1-931
品名: CONPROSYSテレメータ LANモデル
価格: オープン

型式: CPS-TM341GMB-ADSC1-931
品名: CONPROSYSテレメータ 3Gモデル
価格: オープン


CONPROSYS テレメータシリーズは、「Webモニタリング」「ファイル保存」「イベント監視(メール通報など)」など遠隔監視システムに必要な機能を標準搭載したコントローラです。
デジタル入出力、アナログ入力、カウンタの信号入力端子を標準装備しセンサーやアクチュエータから直接データ収集が行えるほか、Modbus マスタ機能を搭載しているため、
各社のPLCや当社CONPROSYS(R) nanoシリーズを始めとするModbusスレーブ機器と通信を行うことができます。
収集したデータは、標準搭載された画面作成ソフト CONPROSYS HMIを使いグラフィカルに表現でき、各種ブラウザから遠隔モニタリングが可能です。
当社クラウドデータサービス CONPROSYS Cloud Data Service 2(CDS2) *1にも対応しており、多拠点の総合監視システムにも発展が可能です。

CONPROSYS テレメータシリーズは、「Webモニタリング」「ファイル保存」「イベント監視」の各設定から運用までのすべてをWebブラウザから行う完全プログラムレスを実現、遠隔監視システムの構築に要する時間とコストを大幅に抑えることが可能です。
コンテックは、エネルギー発電、水処理プラント、ビルオートメーション分野で高まっているリモート監視システムのニーズに対してCONPROSYS テレメータシリーズを提供することで、定期巡回の手間を大幅に減らすばかりか、異常時にスマートフォンやPCへメールで通知することで迅速な保守対応に繋げ、TCO(Total Cost of Ownership)削減に寄与いたします。

*1…詳細は弊社ホームページにてご確認下さい。 (リンク »)


【 導入事例1  僻地にある放送設備監視システム 】
・3Gを使うことで専用線に比べて低価格でネットワークを構築
・異常はメールで通知されるので、定期点検の頻度を減らすことができた



【 導入事例2  河川水位監視システム 】
・水位の一括監視で、定期巡回の手間を大幅に削減
・巡回が難しい僻地の管理地点でも3G回線網+オンプレサーバ(別途ご相談)やクラウド活用で遠隔監視


【 ソフトウェアの特長 】
● 遠隔監視システムに必要な機能を設定だけで運用。完全プログラムレスですばやく遠隔監視をスタート
「データ収集機能」「モニタリング機能」「ファイル保存機能」「イベント監視機能」「外部機器通信機能」を標準搭載。
簡単な設定だけでこれらの機能が使えるため、低コスト・短期間で遠隔監視システムの構築が可能です。

● 画面作成ソフト CONPROSYS HMIを搭載
用意された表示アイテムを並べて、入力されている信号の状態をモニタリング。Webブラウザだけで直感的に画面を作成することができ、プログラム言語の知識や特別な開発環境は必要ありません。
数多く用意されている表示部品をドラッグ&ドロップするだけで作画することができます。

● PLCなどを含むModbusスレーブ機器に対応
Modbusスレーブに対応した各社PLCを含む、各種Modbus スレーブ機器と通信が可能です。

● Webブラウザから操作
Webサーバー機能を搭載し、離れた場所のパソコンからWebブラウザで操作できます。
設定からモニタリングまで、すべてのオペレーションがWebプラウザの操作のみで完了します。

● CONPROSYS Cloud Data Service 2(CDS2)との連携
当社クラウドサービス CONPROSYS Cloud Data Service 2(CDS2)との通信機能を搭載。手軽に連携することができます。
※CONPROSYS Cloud Data Service 2のご利用には別途オプション契約が必要となります。


【 ハードウェアの特長 】
● 各種インターフェイスを搭載
絶縁型デジタル入力4点(うち2点を絶縁型カウンタ入力2点に割り当て可能)、半導体リレー出力2点、チャネル間絶縁アナログ電流入力2ch、絶縁型RS-422A/485: 1ch、RS-232C: 1ch、LANポート、USBポート、3G通信モジュール(CPS-TM341GMB-ADSC1-931のみ)。

● コンパクト設計
188.0(W)×78.0(D)×30.5(H) mmというコンパクト設計で設置場所を選びません。

● -20~+60の温度環境で稼動
-20~+60の周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。

● ネジ留め設置やDINレールへの取り付けが可能
壁へのネジ留め設置や35mm DINレールへのワンタッチ取り付けが可能です。




株式会社コンテック (CONTEC CO., LTD.) 会社概要
社名   株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード:6639)
所在地  大阪市西淀川区姫里3-9-31
代表者名 代表取締役社長 藤木 勝敏
社員数  597名(グループ計)
資本金  11億1,960万円
URL    (リンク »)

1975年4月設立。産業用機器の総合メーカーとしてコントローラ本体や周辺機器、ネットワーク機器までを手掛け、開発・製造・販売からサポートまで幅広いサービスを提供しています。
パーソナルコンピュータの黎明期から産業分野でのPC技術の活用に着目し、産業用コンピュータや計測制御用インターフェイスボード、ネットワーク機器など、最先端の製品を次々と開発。
この分野の世界的パイオニア企業として貢献してまいりました。培ったコア技術を活かし、環境・エネルギー、医療、鉄道・交通機関、デジタルサイネージ、IoTソリューションなどの新分野にも進出。
独創的な技術と製品で人々の暮らしをいっそう豊かなものにしていきます。


【お問い合わせ先】
■ 報道関係者様 お問い合わせ先
営業本部 販売促進グループ
〒108-0023 東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル
TEL: 03-5418-5967(ダイヤルイン) FAX: 03-5418-5968
E-mail: promote@jp.contec.com

■ Webプレスリリース版
(リンク »)

■お客様 お問い合わせ先
総合インフォメーション
TEL: 050-3736-7861(ダイヤルイン)
E-mail: tsc@jp.contec.com


※ 会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
※ 記事に住所を記載いただきます場合は、本社所在地の記載をお願いします。
※ 本発表資料の記載情報は発表日現在の情報です。
ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合がありますのであらかじめご了承ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]