編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Shinil Groupが113年前に韓国・鬱陵島近くで沈没したロシア1級装甲巡洋艦「ドンスコイ」を発見

Shinil Group

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-18 13:33

Shinil Groupが113年前に韓国・鬱陵島近くで沈没したロシア1級装甲巡洋艦「ドンスコイ」を発見

AsiaNet 74430 (1250)

【ソウル(韓国)2018年7月17日PR Newswire=共同通信JBN】Shinil Groupは15日午前9時48分、同社はこのほど、113年前に韓国の鬱陵島近くで沈没したロシア装甲巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」を発見したと発表した。鬱陵島から1.3キロの北緯37度29.2分、東経130度56.3分の水深434メートルの地点で「ドンスコイ」の船尾が最初に発見された。1885年にバルト海を去ったロシア・バルチック艦隊の1級装甲巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」は20年間海洋を航行し、最強のロシア艦隊であるバルチック艦隊は1905年5月に日本海海戦(対馬沖海戦)に遭遇し、同艦隊の38隻と日本軍艦89隻が戦った。5800トンの装甲巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」はバルト海から出発した38隻のバルチック艦隊主力艦の1つだった。

Photo - (リンク »)
写真説明:ロシアの1級装甲巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」

「ドンスコイ」は113年後に鬱陵島沖で発見された。

「ドンスコイ」発掘を準備してきたShinil Group探査チームは「7月14日、推定沈没海域でNuytco (Canada)'s DeepWorkerの2隻の船を発見し、その船は「ドンスコイ」の航行計画と100%同じだった」。そこで15日午前9時48分に再探査が行われ、同チームはついに「ドンスコイ」を発見し、船尾を撮影、「『ドンスコイ』と確認された」。

船尾の明確な鋭さに加え、203ミリ砲、152ミリ長距離砲、多数の機関銃、複数の錨、2本の煙突、3本のマスト、木製甲板、装甲があった。巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」であることが完全に確認された。

船尾は水深380メートル、船首は同430メートルにあり、「ドンスコイ」の艦底は海底から約40度の傾斜にある。船尾の3分の1は砲撃を受け、船体は大きく損傷している。半壊状態である。しかし木製船体の上部甲板はほぼ無傷だ。舷側装甲も保存状態が良く、錨、砲、機関銃の位置はそのままだ。さらに、3本のマストすべてと2本の煙突は破壊されており、舷側の一部には攻撃を受けた痕跡もあった。

Shinil Groupの探査チームは、韓国の海洋探査会社JD Engineering(リー・ウォンボク代表)の指揮下にある。英国の海洋探査専門家アラン、カナダの海洋探査会社Nuytcoのジェフリーおよび他の4人、およびShinil Groupの海洋探査コンサルタントのジン・ギョジュン氏(元Salvage & Rescue司令官)が昨年以来、「ドンスコイ」の探査を準備し、現在、成果を祝っている。

探査チームは7月14日と15日に撮影された「ドンスコイ」の画像と写真を密接に分析して比較し、17日に外部にデータをリリースする。さらに探査チームは、船尾で大量の鉄製の箱を見つけ、それらを保護するための措置を講じる予定である。今回の発見により、Shinil GroupはDonskoiiを発見した世界で唯一の企業であることが明確になった。

「Discovery of Donskoii」(「ドンスコイ」発見)ビデオはYoutube Videoの (リンク ») にアクセスを。

ソース:Shinil Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]