編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

タイガービール、WWF、KENZOのコラボレーションで 野生のトラ保護支援のための限定コレクション RARE STRIPESを発表

ハイネケン・アジア・パシフィック

From: Digital PR Platform

2018-07-19 13:38


シンガポール、2018年7月19日 -
アジアNo.1のインターナショナルプレミアムビール、タイガービールは、世界自然保護基金(WWF)およびフランスの代表的なファッションブランドの1つであるKENZOと協力し、Rare Stripesコレクションで絶滅の危機に瀕している野生のトラにスポットを当て、絶滅から救うためのユニークなコラボレーションを行うことを発表しました。

横行する密猟や生息地の破壊によって、この100年ほどで世界中の野生のトラの数は急激に減少しました。現在、世界には約3,900頭の野生のトラが生息しているものの、トラの違法取引が引き起こす密猟によって、その生命は日々脅かされています。タイガービールとWWFは6年間のパートナーシップを結び、2022年までに世界の生息個体数を倍にする目標を掲げた「Tx2」というグローバルな取り組みを進めています。今回、その一環として野生のトラの保護に対する人々の関心を高めて、支援を得るためにRare Stripesコレクションを展開します。

昨年の#3890Tigersキャンペーンでは消費者が撮影した“セルフィー”写真と世界の著名なアーティストが制作したトラをモチーフにしたデジタル作品と人工知能(AI)を利用してコラージュし、トラの違法取引撲滅を訴える活動を展開しました。この成功を受けて、今年もキャンペーンが立ち上がりました。

WWFのトラ保護プログラム(WWF Tiger Alive Initiative)のリーダー、マイケル・バルツァー(Michael Baltzer)氏は次のように述べています。
「野生のトラの生息数を倍増させるグローバルな取り組みは、トラを絶滅から救うことのできる絶好の機会で、より多くのブランドが触発されてこの目標を支援するようになっています。Rare Stripesコレクションは人々の関心を高め、野生のトラ倍増計画のための資金を集め、ブランドがこのプロジェクトに貢献することでしょう。」

今年はトラの象徴的なデザインで世界的に知られるKENZOがタイガービールとWWFのパートナーシップに加わり、野生のトラの保護活動を支援します。8頭の野生のトラの生涯にヒントを得たというこれまでに類のないコレクションは2018年7月21日、東京・銀座GINZA SIXのKENZOストア及びkenzo.comを通じて全世界で購入できます。

タイガービールのインターナショナルブランドディレクター、ヴィーナス・テオ(Venus Teoh)は次のように述べています。
「当社のブランドマークとしても親しまれている野生のトラを絶滅から救うために、人々に行動を起こしてほしいと願っています。私たちはWWFとパートナーシップを組み、世界中の人々の関心を高め、絶滅危惧種の野生のトラを保護するための資金を得るためにKENZOや才能あふれる新進気鋭のアーティストと協力してこのユニークなRare Stripesコレクションを制作しました。」

タイガービールはKENZOの共同クリエイティブ・ディレクター、ウンベルト・レオン(Humberto Leon)とキャロル・リム(Carol Lim)の2人と協力して世界で活躍する4人の新進気鋭のアーティストを抜擢し、限定版のファッションコレクションを制作します。今回選ばれたのは、コンテンポラリーアーティスト兼彫刻家のメリル・スミス(Meryl Smith、米国)、イラストレーターでデザイナーのエスター・ゴー(Esther Goh、シンガポール)、イラストレーター兼版画家のジュリエンヌ・タン(Julienne Tan、タンザニア)、ビジュアル・デジタルアーティストのショーン・リーン(Sean Lean、マレーシア)の4人です。

今回のプロジェクトに先立ち、タイガービールではKENZOのクリエイティブ・ディレクター2人とアーティスト4人とともに、現在、野生のトラがほぼ絶滅しているカンボジアを訪れ、WWFの野生動物専門家と面会しました。このプロジェクトについての理解を深めたウンベルトは次のように述べています。
「トラのいない世界なんて想像できませんが、もし、今、私たちが何もしないで手をこまねいていれば、そうした現実に直面する可能性があるのです。野生のトラの数が急速に減少するという非常に憂慮すべきこの問題への人々の関心を高めるために、タイガービールやWWFと協力し、若いアーティストの皆さんと一緒にこのスペシャルコレクションを製作することは非常に楽しみです。」

このコレクションの商品にはオーガニックテキスタイルの世界基準であるGOTS(Global Organic Textile Standard)に適合したオーガニックコットン100%が使用されており、売上はWWFの野生トラ保護活動の支援に充てられます。

タイガービールとWWFのパートナーシップ、KENZOおよびRare Stripesコレクションとのコラボレーションの将来については、7月21日(土)よりリンク ») および#rarestripesをご参照ください" target="_blank"> (リンク ») および#rarestripesをご参照ください。

Rare Stripesコレクションは7月21日午後3時(日本時間)より世界販売を開始し、GINZA SIX 3FのKENZOストア及びKENZOのeコマースサイトkenzo.comを通じて全世界で購入できるようになります。

<ストア インフォメーション>
KENZO GINZA SIX
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 3F
お問い合わせ先:KENZO Paris Japan 03-5410-7153

<タイガービールについて>
タイガービールは1932 年にシンガポールのストリートで生まれました。赤道の近くに位置することにより、独特なトロピカル・ラガー作りの手法を用いたアジア全体をスッキリさせるビールです。2015年に8,000枚のソーラーパネルをシンガポールの工場の屋根に設置し、現在シンガポールで醸造されている全てのタイガービールは太陽のエネルギーによって作られています。また、2017年から国際的なアーティストとのコラボレーションをはじめ、Air-Ink™という世界初の空気汚染から作られたインクを開発しました。タイガービールはアジア・ナンバーワンのプレミアムビールとして、世界最速で成長を遂げているビールであり、50カ国以上で販売されています。タイガービールの詳細については、 (リンク ») をご確認ください。

<ハイネケン社について>
ハイネケン社は世界でもっとも国際的なビールメーカーで、プレミアムビールとサイダーの開発・販売を行っています。ハイネケンブランドを筆頭に、グローバル、ローカル、スペシャリティブランドを合わせてグループ全体で250以上の強力なブランドを擁しています。ハイネケンはイノベーションに真摯に取り組み、ブランドへの長期的な投資を行うとともに、統制のとれた営業を実行し集中したコスト管理を行っています。Brewing a Better World プログラムを通してビジネスにサステナビリティを組み込み、すべてのステークホルダーに価値あるものを提供しています。ハイネケン社は先進国と途上国の市場どちらに対しても、バランス良く地域に貢献しています。従業員数は73,500人、70か国165カ所以上で醸造所を稼働しています。Heineken N.V.およびHeineken Holding N.V.はアムステルダムのEuronextに上場しており、株価についてはBloomberg ではHEIA NAおよびHEIO NA、ReutersではHEIN.ASおよびHEIO.AS.で確認していただけます。ハイネケンに関する最新情報についてはリンク ») をご覧ください" target="_blank"> (リンク ») をご覧ください。

<世界自然保護基金(WWF)について>
WWFは世界で最も高く評価されている最大規模の環境保全団体です。全世界の500万人を超すサポーターとグローバルネットワークを通じて、100を超す国々で活動を展開しています。WWFは、地球の自然環境の悪化を食い止め、地球上の生物多様性を守り、再生可能な自然資源の持続可能な利用を確実に行い、環境汚染や無駄な消費の削減を進めることによって、人類が自然と調和して生きられる未来を目指しています。WWFの最新情報やメディアリソースについてはリンク ») をご参照いただくか" target="_blank"> (リンク ») をご参照いただくか、Twitterで@WWF_mediaをフォローしてください。

<KENZOについて>
KENZOは1970年にフランス・パリで日本人デザイナー高田賢三によって設立されたファッションブランドで、カラフルなプリントと自由な発想で従来のルールを傍若無人に打ち破り、当時のクチュールコードを根底から覆しました。2011年にウンベルト・レオンとキャロル・リムの2人がクリエイティブ・ディレクターに就任しています。KENZOの創り出すすべてのものには、アプローチの核である旅、文化、ファッションが反映されています。またアヴァンギャルドなアーティスト、ミュージシャン、俳優、デザイナーとの画期的なコラボレーションでも知られています。ウンベルトとキャロルがクリエイティブ・ディレクターとなって以降、香水KENZO Worldのローンチで成功を収めたほか、新ラインのKENZO – La Collection Mementoを発表し、近年ではパリ、バルセロナ、東京、ソウル、上海に新店舗をオープンしています。

【本リリースに関するお問い合わせ先】

PRAP JAPAN for Tiger Beer
Mari Hayashi / Kodai Kaneko
ma-hayashi@prap.co.jp
k-kaneko@prap.co.jp
+81 (0)3 4580-9101

Ogilvy for Tiger Beer
Dani Hanlon
dani.hanlon@ogilvy.com
+65 6213 9944 / +65 9833 6262

WWF International
Egan Hwan
ehwan@wwfint.org
+65 9655 6360

KENZO International
presse@kenzo.com
+33 1 73 04 20 00

HiRAO INC for KENZO Japan
Emma Yamaguchi
emmay@hirao-inc.com
+81 (0)3 5771 8808
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]