編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【DMM株】株式フル板サービス提供開始のお知らせ

株式会社DMM.com証券

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-23 17:49

2018年7月23日

株式会社DMM.com証券

【DMM株】株式フル板サービス提供開始のお知らせ

株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役 谷川龍二)は、2018年7月23日(月)よりお客様のご要望を受け、国内株式のオンライントレード【DMM株】のPCインストール版取引ツール『DMM株 PRO』にてフル板サービスの提供(下記利用条件あり)を開始することをお知らせいたします。

■フル板サービスについて
1.フル板サービスのメリット
制限値幅まで全ての板情報をリアルタイムでご覧いただけます。また、価格ごとの注文件数や引け注文数量を見ることで、より細やかに相場状況を把握できます。
また、フル板サービスの表示画面をクリックすることで、マウス操作によるスピーディーな発注が可能です。

【画像: (リンク ») 】

▼フル板サービスの詳細はこちら
(リンク »)

2.利用条件:以下のいずれかに該当すれば利用可能です
◇新規口座開設後、最大2ヶ月間利用可能です。(口座開設月の翌月末まで利用可能です)
例:8月2日新規口座開設の場合⇒8月2日から9月30日まで利用可能です。
      8月20日新規口座開設の場合⇒8月20日から9月30日まで利用可能です。
※口座開設日はマイページで登録必須項目(内部者情報など)の入力が完了した日です。

◇既存口座(2018年7月22日までに開設された口座)でのフル板サービス利用について
  2018年8月31日まで利用可能です。

◇上記期間経過後のフル板サービス利用条件
   信用取引口座開設済の場合⇒継続して利用可能です。
      または
   現物取引があった場合⇒売買約定日の翌日から翌月末まで利用可能です。
例:8月6日に売買した場合⇒8月7日から9月30日まで利用可能です。

当社では、お客様からいただくご意見・ご要望を重要な課題と捉えております。
いただいたご意見・ご要望に関しては、当社のサービス向上委員会にて集計、検討を行い、各セクションへフィードバックし、お客様に満足していただけるサービスの提供を心がけております。

《DMM.com証券について》
株式会社DMM.com証券は、【DMMFX】を中心に高性能な次世代取引ツールや多様なモバイルデバイス向け取引ツールにて安定した取引環境を提供し、お客様の利便性の向上、取引チャネルの拡充に取り組んでおります。
お客様からのご愛顧のおかげで、FX口座数 国内第1位(※1)を獲得いたしました。
今後も「DMM.com証券だからできること」をテーマに、お客様の「欲しい」を「形」にし、既成概念にとらわれない自由な発想で歩み続け、さらなる高品質のサービスを提供できるように努めてまいります。
(※1)2018年1月末時点 ファイナンス・マグネイト社調べ

■会社概要
株式会社DMM.com証券( (リンク ») )
所在地 :東京都中央区日本橋2-7-1
代表取締役 :谷川 龍二
事業内容 :第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、商品先物取引業
資本金 :98億円
登録番号 :関東財務局長(金商)第1629号
加入協会等 :日本証券業協会/日本投資者保護基金
一般社団法人 金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

株式会社DMM.com証券
カスタマーサポート
フリーダイヤル:0120-961-522
Email:kabu-support@sec.dmm.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]