オプト提供の広告効果計測ツール「ADPLAN」、世界最高水準のクロスデバイスツール「Drawbridge」と国内初(※1)の連携

株式会社オプトホールディング 2018年07月24日

From PR TIMES

オプトグループの株式会社オプト(本社 : 東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤大輔 以下 オプト)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫 以下 三井物産)を通じて、三井物産の資本業務提携パートナーであるクロスデバイスマッチングの米国最大手Drawbridge, Inc.(カリフォルニア州、CEO:Kamakshi Sivaramakrishanan、以下 Drawbridge)のConnected Consumer GraphR(以下、Consumer Graph)を採用し、複数デバイスを跨いた同一ユーザーの広告効果計測サービスの提供を開始しました。



従来のデジタルマーケティングは、1人のユーザーが、Webブラウザ上のCookie、iOS・Androidといったモバイル広告IDなどの広告識別子ごとに別々のユーザーとして判定されるため、デバイス単位での最適化に留まっていました。しかし、スマホやタブレットといったモバイルインターネット機器の普及により、一人で複数のデバイスを所持するユーザーが増加し、広告配信においても複数のデバイスを所持する同一ユーザーを特定して、より適切な広告配信を行いたいというニーズが増加しています。

こうした中、オプトはクロスデバイスソリューションのリーディングカンパニーであるDrawbridgeが提供する、世界最高水準のクロスデバイスマッチング技術を導入することにより、精度の高いクロスデバイス計測を実現していきます。さらに、ユーザーのWeb行動を基にしたセグメントの作成など、計測したデータを広告配信に活用することもできます。

■今回の連携により実現するクロスデバイス計測
[画像1: (リンク ») ]


これまでのクロスデバイス計測は、ログインIDやメールアドレスといった会員情報等が必要であり、データ量は限定的でした。今回連携を開始した Drawbridge は Cookie や IPアドレスを元にマッチングを行うため非常に幅広いデータから取得することができ、独自アルゴリズムの機械学習によるそのマッチング精度は 97.3% (※2)と世界最高水準のクロスデバイスの計測を可能にしています。またこれらの機能により、計測や分析だけに留まらず様々な広告配信にも活用可能です。

■クロスデバイス・コンバージョン分析とデータ活用の仕組み
[画像2: (リンク ») ]

・クロスデバイス・コンバージョン分析
コンバージョン経路をデバイス横断で把握することで、「スマートフォンで広告に接触し、PCでコンバージョンした」といった場合も接触した広告の貢献と評価することができるようになりました。上記以外にも、Webとアプリ両方の行動を紐づけて確認することができ、Webとアプリをまたいだ行動分析が可能となります。

・クロスデバイス・データ活用
PCやスマートフォンのWeb行動をもとに、IDFA・AAIDを取得することができます。SNSなどアプリにおける広告メディアに配信する際に、これらのデータを拡張配信やリターゲティングに活用することができます。

※1 計測ツールとしては国内初の連携となります。
※2 出典:WebWire 「Drawbridge Cross-Device Connected Consumer Graph Is 97.3% Accurate」( (リンク ») )

■ADPLANについて
国内初のインターネット上における広告効果測定ツールとして2000年よりサービスを開始。2017年1月には、「計測ツールからプロモーションダッシュボードへ」をコンセプトにアップデート。広告効果の分析やレポーティングの簡略化、TVCM×ネット広告の最適出稿量を予測し、投資対効果の最大化を図るプランニング機能の追加など、広告費用対効果の可視化を統合的に実現しています。
URL: (リンク »)

■株式会社オプトについて
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

【会社概要】
設立年月:2015年4月1日
資本金:1億円(2017年12月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL: (リンク »)

■Drawbridge, Inc. について
Drawbridgeは特許取得済みのAIや機械学習技術によるクロスデバイスマッチング技術で、ブランドや企業に対し、広告、販促を始めマーケティング分野等で、顧客に対しパーソナライズされた体験を実現する同分野のリーディングカンパニーです。Drawbridge Connected Consumer GraphRの保有するデータ量は世界で30億デバイス以上に及び、データの精度は約97.3%(ニールセン調べ)を誇っています。同本社はシリコンバレーにあり、Sequoia Capital、Kleiner Perkins Caufield Byers、Northgate Capitalからも出資を得ており、CNBCの新たな価値 を提供するDisruptor企業(創造的破壊者)、Fortune社、CB InsightsのリーディングAI企業にも選出されています。
同社の事業内容等の詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]