編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Android搭載!高精度、薄型、低価格のGPSトラッカー+IoTゲートウェイ「Acty-G2」を発売

CYBERDYNE Omni Networks株式会社

From: DreamNews

2018-07-26 17:00




CYBERDYNE Omni Networks株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役:山本直行)、ならびに株式会社コヴィア(本社:横浜市港北区、代表取締役:神代敏彦)は、2017年8月より発売している大容量バッテリータイプのGPSトラッカー+IoTゲートウェイ「Acty-G1」のラインナップとして、お客様よりご要望の多かった、薄型、軽量で設置や携帯性に優れた新製品「Acty-G2」を2018年8月1日より発売開始します。
(リンク »)

<GPSトラッカーとして(*1)>

「Acty-G2」は、クアッドコア1.3GHzにAndroid6.0を搭載。スマートフォン技術を応用しており、アプリの開発や外部デバイスとの連携など機能拡張が容易な点が大きな特長です。
IoT用途におけるスマートフォンの欠点を解決し、そのメリットを最大限に生かす組込みデバイスとしてご利用いただけます。

■「Acty-G2」には、Wi-Fi、Bluetoothの他に、3G/LTE通信モジュール、GPS、ジャイロセンサー、加速度センサーを搭載していますので、位置情報とともに、急ブレーキ、急加速、急ハンドルなどの急挙動を検知したり走行データの収集・分析をすることが可能となります。
GPSは、セラミックアンテナの採用により高い感度を実現。また、A-GPS、GLONASS、QZSSに加え、Wi-Fi測位にも対応していますので、極めて高精度な位置情報の検出が可能です。
さらに、当社独自のハイブリッド測位技術「Actyエンジン(*2)」は、GPSが受信できない場合の測位補完にも有効です。

■取り替えが可能な1,900mAhリチウムポリマーバッテリー(*3)の搭載が可能です。
測位間隔の調整が可能なので、細かくリアルタイムに位置情報を検出する場合は測位間隔を短く、また、バッテリー駆動時間を長く運用するためには測位間隔を長く設定するなど、アプリ側において適切な動作設定をすることによって、バッテリーを効率よく使用することができます。

■「Acty-G2」単体でIPX3の防水性能を持ちます。また、-20~70の使用温度に対応しており、車載や過酷な使用環境でのご利用も可能です。


<IoTゲートウェイとして>

「Acty-G2」は、 Beaconデバイスや各種センサー機器から収集した情報を束ねるIoTゲートウェイとして、日時や位置情報とともにデータをクラウドサーバーに送ることができます。
ゲートウェイ内に高いCPU処理能力を有することで、クラウドに送る前処理を行ったり、クラウドからローカルデバイスにデプロイして、末端に処理を分散することができますので、クラウドとエッジが有機的に連動し、応答性能の高い効率のよいシステムを実現します。

■バックボーンにはWi-Fiまたは3G/LTE通信が可能で、管理サーバーとの通信を行います。バッテリー駆動可能で、携帯通信対応ですので設置場所を選びません。

■常設の場合はバッテリーレスで動作可能な設計になっており、AC常時給電の場合でもバッテリーへの負担や劣化を気にすることなく安全にご使用いただけます。

■Bluetooth 機能は、次の動作モードに対応しています。(*4)
・「Acty-G2」からBeacon電波を送信し、スマートフォンに搭載するアプリで現在位置を測位します。
・「Acty-G2」が、Beacon端末から送信される電波を受信することにより、端末の位置を検出することができます。
・Bluetooth 4.0に準拠したレガシーモードに対応しており、一般のBluetoothデバイスとの双方向通信を行います。

■Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングにも対応します。

また、「Acty-G2」には、100台以上導入の場合のキッティング作業効率化する自動初期設定機能(プロビジョニング)を搭載しています。
大量導入の場合、アプリのインストールや設定作業にかかる工数は膨大です。自動初期設定機能は、「Acty-G2」が持つ固有のIMEI番号と配布したいアプリや設定情報を紐づけてあらかじめサーバーにセットしておけば、あとは端末の電源を入れていただくだけ(*5)で設定ファイルをダウンロードし、それに従った初期設定を行います。これにはアプリの自動インストールやSIMのAPN情報、再起動時の自動アプリの実行などが含まれます。
これにより、導入前のキッティング作業や複雑な操作マニュアルが大幅に簡素化することが可能です。

(*1)GPSトラッカーとしてご利用いただく際に必要なクラウドサービスやアプリは含まれておりません。
(*2)Actyエンジン :独自のハイブリッド測位技術による、スマートフォンレベルの高精度な測位機能。
(*3)バッテリーは別売になります。
(*4)サーバーに送信するためのアプリや、デバイス、センサー連携のためのアプリは含まれておりません。
(*5)キッティング場所にインターネットとWi-Fi環境を準備していただく必要があります。


<仕様>

・OS :Android 6.0
・CPU :Cortex-A53 1.3GHz 4 core
・メモリ :RAM: 512MB Flash ROM: 4GB
・対応バンド :W-CDMA(2100/800MHz)、FDD-LTE(2100/1800/800MHz)
・外形寸法 :L100mm×W65mm×H14.6mm
・質量 :本体 82g (バッテリー搭載時 118g)
・バッテリー(別売) :1,900mAh
・インターフェース :micro USB-B OTG (USB 2.0)、温度センサー
・SIMスロット :microSIM slot ×1
・無線LAN :IEEE802.11 a/b/g/n準拠(2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth :Bluetooth4.0 Smart Ready
・位置測位 :GPS/ Wi-Fi /Acty エンジン
・GNSS :GPS/GLONASS/QZSS/A-GPS
・搭載機能 :リモート設定、バッテリー残量通知、ケース内温湿度センサー、ジャイロセンサー、加速度センサー
・状態表示 :LED ×2
・使用温度範囲 :-20~70
・湿度範囲 :20%~80%RH
・防水 :IPX Class 3

※バッテリーは別売になります。
※ACアダプター、USB接続ケーブルは付属していません。
※本製品は電波法に基づく技術基準適合証明と、電気通信事業法に基づく端末機器の技術基準適合認定を受けた製品ですので安心してご利用いただけます。
※本製品にはSIM カードは含まれておりません。
※本製品は3G通信専用SIMはご利用頂けません。LTE/3G通信デュアル対応のSIMでご利用ください。
※SIMカードを挿入してパケット通信を使用する場合、通信事業者の定める利用料金が発生します。詳細に関しては、SIMカードを提供している通信事業者にお問い合わせください。
※デザイン、仕様等は改良のため予告なく変更する場合があります

■製品名:Acty-G2
■製品型番:CAT-G2
■発売時期:2018年8月
■製品サイト: (リンク »)

【本製品に関する問い合わせ窓口】
CYBERDYNE Omni Networks株式会社 営業部
E-mail: sales@cyberdyne-omninet.com






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]