新日鉄住金 BPオマーンとの戦略的パートナーシップを継続

新日鐵住金株式会社 2018年07月30日

From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:進藤孝生、以下「新日鉄住金」)は、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)および英国オイルメジャーであるBP p.l.c(本社:英国ロンドン、以下「BP」)傘下のBP Exploration Epsilon Limited(本社:オマーンマスカット、以下「BPオマーン」)と、油井管の供給に関する戦略的パートナーシップを締結し、2018年7月25日に現地オマーンにて、セレモニーを開催しました。

(リンク »)
写真左から:新日鉄住金ドバイ事務所/守沖所長、BPオマーン/オジャイリ社長、中東住友商事/尾崎社長

新日鉄住金と住友商事は、1997年からBPと油井管供給に関する長期契約を保持しており、高品質な油井管の供給を通じて、BPの世界中のオペレーションに貢献してまいりました。オマーンにおいては、BPオマーンがカザンタイトガス田(※1)開発で使用する油井管を、開発当初から供給しております。今回、オマーンにおける住友商事子会社であるSC Tubular Solutions Oman LLCおよびBPオマーン間で、油井管サプライチェーンマネジメントサービスに関する4年間の契約が締結されました。

新日鉄住金は、油井管のプレミアムサプライヤーとして、今回締結したパートナーシップに基づき、BPオマーンに対して引き続きハイエンド製品を供給して参ります。

なお、セレモニーには、BPオマーン社長のユセフ・アル・オジャイリ氏はじめ、多数の関係者にご列席頂きました。当社からはドバイ事務所所長の守沖らが出席しました。

(※1)カザンタイトガス田:2013年よりBPグループが一部(Block61)の掘削を担っている、BPグループ内でも注力プロジェクトの一つ。足元の順調な掘削活動により、ガス生産量は当初計画から倍増。追加投資も決定され生産量は更に増加される予定。



お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977



(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]