編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

OMO時代の新しいプロモーションを開拓する 「+tech labo」を設立

株式会社電通テック

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-30 14:00

2018年7月30日

電通テック (リンク »)

OMO時代の新しいプロモーションを開拓する 「+tech labo」を設立

株式会社電通テック(本社:東京都千代田区、社長:松原 靖広)は、プロモーション領域でのサービス開発・展開の一層の加速と、最新テクノロジーを活用したビジネスの在り方を探求・実践していく新たな開発型組織として、「+tech labo(プラステックラボ)」を設立いたしました。


【画像: (リンク ») 】

AIやIoTをはじめとする新しいテクノロジーは、日々暮らしの中に取り込まれています。テクノロジーの進展の中で、生活の中のあらゆる行動がデジタルデータ化され、生活者の購買行動についてはオンライン・オフラインの境目が無くなるOMO(Online Merges Offline)化が進んでいます。「+tech labo」は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、さらにはテクノロジー環境がより成熟を迎えるであろう2022年をひとつのベンチマークとし、OMO時代におけるテクノロジーを活用した新しいプロモーションを開拓してまいります。


当社はこれまで、生活者に最も近いプロモーション領域で企業と生活者を結ぶ多様なソリューションを提供してきました。それらで培った知見や遂行力を武器に、有識者や協力会社などのステークホルダーとの協力体制を強化し、その連携・共創により、クライアントや世の中に、テクノロジーを活用した革新的なプロモーションや新しいサービスモデルの構築を推進してまいります。


<+tech laboについて>
+tech labo (プラステックラボ)
新しいテクノロジーをプロモーションに「プラス」することで、生活者一人ひとりに新たな価値を「プラス」していく、という想いが込められています。

URL: (リンク »)

■主な活動内容
・IoTやAIを活用した未来型店舗の実装に向けての新たな購買体験の開発
・生活者の体験をデザインするIoTプロダクト開発
・産学連携によるプロモーション領域の新たなソリューション開発

■進行中の外部連携
・京都大学のデザインスクールと産業界・行政の連携の場であるデザインイノベーションコンソーシアム (リンク ») に参画( (リンク ») )
・Industry Co-Creation ™ (ICC) サミット KYOTO 2018 (リンク ») へのブロンズ協賛、および参加( (リンク ») )
・尾原和啓氏をはじめとした外部フェローとの共創
・新事業・新産業創発支援の共創プロジェクト「DENTSU JAM! (リンク ») 」など電通グループ内の新規事業創発プロジェクトとの連携( (リンク ») )



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]