Doctor Web、Android向けのクリッパートロイの木馬を発見

株式会社Doctor Web Pacific 2018年10月09日

電子マネーや仮想通貨に関する操作中にクリップボードのウォレット番号を置き換えるMicrosoft Windows向けトロイの木馬は、コンピューターユーザーならびに情報セキュリティスペシャリストの両方に広く知られています。2018年8月、Doctor Webのウイルスアナリストは同様の機能を持った、Androidモバイルプラットフォーム向けの複数の悪意のあるプログラムについて調査を行いました。

###

送金先を元々の受け取り手からサイバー犯罪者へと変えるためにクリップボードのデジタルウォレット番号を置き換えることができるトロイの木馬は、一般的に「クリッパー」と呼ばれています。従来、このような悪意のあるプログラムはWindowsユーザーのみを対象としていました。同様の機能を持つAndroid向けのトロイの木馬は、ほとんど見られません。しかしながら、2018年8月、Androidユーザーに危害を加えるクリッパートロイの木馬 Android.Clipper の2つの亜種がDr.Webウイルスデータベースに追加され、 Android.Clipper.1.origin および Android.Clipper.2.origin と名付けられました。

Android.Clipper は、仮想通貨Bitcoin、 Monero、 zCash、 DOGE、 DASH、 Etherium、 Blackcoin、 Litecoinに加え、 QIWI、 WebMoney (R and Z)、 Yandex.Money 決済システムのデジタルウォレット番号を置き換えることができます。調査の対象となった Android.Clipper の亜種の1つは、Bitcoinデジタルウォレットのアプリケーションを装っていました。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]