安全にビジネスアプリケーションへアクセスする 統合仮想化ワークスペース「Accops」販売開始

株式会社クライム 2018年09月06日

株式会社クライム(本社:東京都中央区)は、Accops and Zevoke Technologies株式会社(本社:京都市)と販売契約を締結し、20種類以上の多要素認証エディションを含むデータセンターやクラウド環境へあらゆるデバイスに依存することなく、安全にビジネスアプリケーションへのアクセスを実現する統合仮想化ワークスペース「Accops(アコップス)」の販売を開始します。

◇Accopsの特長

Accopsは、企業や自治体及び教育機関で500以上、400,000ライセンスが採用されています。Accopsは、独自のワークスペース仮想化とリモートアクセス技術を使用して、ITインフラストラクチャーへのアクセス統合・セキュリティ・スピードアップをAccopsソリューションスイートで可能にします。

ホストアプリケーションやデスクトップ仮想化は、エアギャップコンピューティングによって、企業のセキュリティを向上させます。いつでも、どこでも、ビジネスアプリケーションを安全に利用できることで、BYODでも端末にデーターを残すことなく重要な情報へのアクセス制御を可能にします。

Accopsは、ワークスペース仮想化とリモートアクセスのお客様のニーズを適える、最新版のAccops3.2を2018年9月中旬にリリースします。

◇Accops3.2の主な新規機能

1. 教育機関向け学習管理システム(LMS:Learning Management System)との連携が可能なAccops RMS(Reservation Management System)を提供

2. Nutanix AHVの対応サポート

3. Active Directoryの認証をOffice356やセールスフォースなどのサービスにセキュアにシングルサインオンが可能なADFS認証をサポート

4. Linux(Ubuntu、CentOS) のVDIおよびプロビジョニングをサポート

5. プリンター拡張機能も使用可能な仮想プリンター(HyPrint Printer)の機能拡張


◇Accops製品エディション

HySecure、HyWorks、HyLite、HyID、SEP、HyDeskの6種類の製品コンポーネントを利用しやすいAccopsスイートにて提供します。

1. Accops HySecure

LANやWANやインターネットのモバイルネットワークなどの接続可能なあらゆるネットワークを利用するユーザーが、企業リソースに安全にアクセス可能にします。

Accops HySecureのSPANテクノロジーは、ネットワークの変更を必要とせずにシンプルで高速な展開を実現します。

2. Accops HyWorks

ホストアプリケーション環境、仮想デスクトップ、仮想デスクトップのプロビジョニングサービス、認証と許可及び監視を管理し、エンドポイントデバイスにアプリケーションとデスクトップを仮想化したワークスペースを安全に提供します。

3. Accops HyLite

Accops HyWorksで提供される仮想化されたワークスペースをエージェントレスでHTML5ブラウザへ提供します。従来のデスクトップコンピューティングをHyLiteで利用することで、あらゆるデバイスにアプリケーションを配信し、全てのデバイスに同じユーザーエクスペリエンスを提供します。

4. Accops HyID

重要な企業アプリケーションをワンタイムパスワード(OTP)、生体認証、デバイスハードウェアIDなどの多要素認証を可能にします。社内外のユーザーが悪用することを防止します。システム管理者は、いつ、どこからアクセルしたかを検出し、詳細な監査ログで不正なアクセスを防止することを可能にします。

5. Accops SEP

ホストアプリケーション環境、仮想デスクトップで使用するエンドポイントデバイスに設定されたカードリーダー、OCR等の周辺機器の制御を可能とします。

6. Accops HyDesk

低コストからパワーユーザー向けにカスタマイズ可能なハイブリットなエンドポイントです。Accops HyWorksでAccops HyDeskのデバイス状態、セッション、電源管理等の監視を可能とします。


◇Accopsスイートに含まれるAccopsコンポーネント

【HyWorks VDI】
HySecure:―
HyWorks :○
HyLite :―
HyID  :―
SEP   :○

【HyWorks Essentials】
HySecure:―
HyWorks :○
HyLite :―
HyID  :―
SEP   :―

【HyWorks Advanced】
HySecure:○
HyWorks :○
HyLite :―
HyID  :―
SEP   :―

【HyWorks Enterprise】
HySecure:○
HyWorks :○
HyLite :○
HyID  :―
SEP   :―

【HyWorks Platinum】
HySecure:○
HyWorks :○
HyLite :○
HyID  :○
SEP   :○

【HySecure Essentials】
HySecure:○
HyWorks :―
HyLite :―
HyID  :―
SEP   :―

【HySecure Advanced】
HySecure:○
HyWorks :―
HyLite :―
HyID  :○
SEP   :―

◇Accops ライセンス形態
永続ライセンス(同時ユーザーライセンス、特定ユーザーライセンス)となります。
同時100ユーザーライセンスの提供価格(税別)の一例
HyWorks VDI    :¥4,000,000-
HyWorks Essentials:¥4,600,000-
※最低ユーザー数は、5ユーザーからとなります。
※永続ライセンスは、初年度の年間保守が含まれます。
※官公庁向け、教育機関向けの特別ライセンスを別途ご提供となります。

◇Accops System Pvt Ltd  CEO Vijender Yadav氏

日本は、私たちにとって非常に重要なマーケットです。株式会社クライムの仮想化、インフラストラクチャー、セキュリティの培った専門知識を活用することで、お客様はAccops製品から最大の利益を得ることができます。株式会社クライムは、私たちよりも若くてエネルギッシュで、お客様の信頼を得ています。私たちは、このパートナーシップがすべての人にとって、価値ある結果をもたらすと感じています。

◇Accops and Zevoke Technologies株式会社はAccops System Pvt Ltd (本社:インド)社とAccopsの国内での独占販売を有する国内販売元です。

◇株式会社クライム

株式会社クライムは1984年に設立され、アプリケーション開発、ソフトウェア販売サポート、アウトソーシング・サービス、Webコンテンツ企画・制作を提供しています。自社コンテンツとして日本市場と米ITベンチャーを結ぶ情報ゲートウェイ「Silicon Valley Gateway」などがあります。

このプレスリリースの付帯情報

Accops

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

株式会社クライム

株式会社クライムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]