2018年8月のモバイルマルウェアレビュー

株式会社Doctor Web Pacific 2018年10月25日

2018年8月、Doctor Webのスペシャリストは、クリップボード上のe-wallet (イーウォレット)番号を置き換えるAndroid向けトロイの木馬を検出しました。また、Google Play上で多くのトロイの木馬が検出され、サイバー犯罪者は違法な収益を得るためのさまざまな詐欺手法にそれらを使用していました。8月には、Google Play上でAndroid向けのバンキング型トロイの木馬とダウンローダ型トロイの木馬も複数検出されています。最新のものは他の悪意のあるソフトウェアをモバイルデバイスにダウンロードします。そのほか、無害なプログラムに組み込まれ、オリジナルのアプリケーションを装って拡散されていた、スパイ行為を行う危険なトロイの木馬も検出されました。

###

8月の主な傾向
クリップボード上のe-wallet番号を置き換えるAndroid向けトロイの木馬を検出
バンキング型トロイの木馬の拡散
Google Play上で悪意のあるプログラムを多数検出
サイバー犯罪者があらゆるアプリケーション内に組み込むことができる、スパイ行為を行う危険なトロイの木馬を検出

8月のモバイル脅威

8月上旬、クリップボードを監視し、そこにコピーされた一般的な決済システムや仮想通貨のe-wallet番号を置き換えるトロイの木馬 Android.Clipper.1.origin が、Doctor Webのセキュリティリサーチャーによって検出されました。攻撃の対象となったのはQiwi、Webmoney、Yandex.Money、Bitcoin、Monero、zCash、DOGE、DASH、Etherium、Blackcoin、Litecoinのe-walletです。ユーザーが番号をクリップボードにコピーすると、トロイの木馬はそれらを傍受してC&Cサーバーに送信します。 Android.Clipper.1.origin は元の番号の代わりにクリップボードに追加するサイバー犯罪者のウォレット番号を受け取ります。その結果、感染したデバイスのユーザーはサイバー犯罪者のウォレット番号に送金してしまう危険性があります。この脅威に関する詳細については、こちらの記事をご覧ください。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]