JAソーラーがバングラデシュ初の大規模太陽光発電施設に全ソーラーモジュール供給

JA Solar Holdings Co., Ltd. 2018年10月01日

From 共同通信PRワイヤー

JAソーラーがバングラデシュ初の大規模太陽光発電施設に全ソーラーモジュール供給

AsiaNet 75502 (1751)

【北京2018年10月1日PR Newswire=共同通信JBN】高性能太陽光発電(PV)製品の世界大手メーカーであるJA Solar Holdings Co., Ltd.(以下JAソーラー)は1日、設備容量28MWのバングラデシュ初の大規模ソーラーパワー施設にすべてのソーラーモジュールを供給したと発表した。

この発電プロジェクトは、テクナフにあり、2018年9月に公益グリッドへの接続に成功した。この地域はしばしば停電することを考えれば、ソーラーパワー施設の建設は地域の電力不足を軽減し、施設からの発電で地域の電力需要の80%を満たすことになる。一方、このソーラー施設は、同規模のディーゼル発電施設と比較して、年間2万トンの二酸化炭素(CO2)排出量を減らす見込みである。バングラデシュ政府は2021年までに、太陽光発電を通じて2000MWを発電する意向である。このプロジェクトは新エネルギー計画を実行する政府初の一歩であり、同国の新しいエネルギー開発にとって大きな意義を持っている。

プロジェクトは、地域最大の河川沿い、河岸から1キロメートル以内にある。地域は年間を通じて高温、多湿、風の強い気候であるとともに、アルカリ塩の土壌がソーラーモジュールの性能に最も厳しい条件を生んでいる。JAソーラーのソーラーモジュールは、厳格で長期にわたる信頼性と環境適応試験に合格し、PID減衰、塩水噴霧腐食試験、風圧に対する優れた耐性を持ち、長期的基盤における高効率の安定した出力を維持する。プロジェクトは、Joules Powerの子会社Technaf Solartech Energy Limited (TSEL)によって建設された。TSELのヌール・ラティフ・カーン社長は「JAソーラーのモジュールは、発電に顕著な利点があり、ソーラーパワー施設から生まれる出力は、われわれの期待をはるかに超えている」と語った。

JAソーラーのバオファン・チン社長兼最高経営責任者(CEO)は「JAソーラーは、世界の顧客基盤の多様なニーズに応え、再生可能なエネルギーの開発を世界的に進めるため、技術革新と製品品質向上に注力している」と語った。

▽詳細情報の問い合わせ先
Xiaorui Sun
+86-10-6361-1888 x1698
bj.sunxr@jasolar.com

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]