MINISO名創優品がテンセントとHillhouse Capitalから10億人民元の戦略的投資を獲得と正式発表

MINISO Japan 2018年10月02日

From 共同通信PRワイヤー

MINISO名創優品がテンセントとHillhouse Capitalから10億人民元の戦略的投資を獲得と正式発表

AsiaNet 75526 (1773)

【広州(中国)2018年10月1日PR Newswire=共同通信JBN】著名なリテール企業であるMINISO名創優品は9月30日、テンセント(Tencent)およびHillhouse Capitalとの間で総額10億人民元の戦略的投資契約を締結したと発表した。

これは、2013年の創業以来、MINISO名創優品の初の外部からの資金調達である。この5年間「High Quality and Low Price(高品質と低価格)」の事業理念を順守し、サプライチェーンの変革を通じ、MINISO名創優品はリテール分野で独自の新しいビジネスモデルを模索してきた。既にこれまでに世界中で3000店舗以上を開設し、顧客による約10億回に及ぶ来店と3億件の購入が行われた。MINISO名創優品は、目覚ましいスピードで拡大を続けており、新リテール時代の代表的な企業とみられている。

2015年、MINISO名創優品は国際化戦略を立ち上げ、海外市場の開拓を開始した。現在、世界中の3000を超えるMINISO名創優品店舗のうち1000店以上が70以上の国・地域に及ぶ海外店舗で、市場は依然急速に拡大している。MINISO名創優品の中期戦略目標は「100カ国に1万店を展開、売上高1000億人民元」である。すなわち2022年までに100カ国・地域に参入し、世界中で1万店を展開し、年間売上高1000億人民元を達成することである。

今回のテンセントとHillhouse Capitalからの戦略的投資の受け入れは、MINISO名創優品が3社協力によってもたらされる協調を高く評価しているためであり、3社はビッグデータ分析、スマートアウトレット、インテリジェントリテール、デジタルオペレーションなどでの協力を強化する。テンセントとHillhouse Capitalによる投資は、情報技術、キャピタルオペレーション、コーポレートガバナンスなどの能力を向上させることにより、MINISO名創優品の将来の発展に役立つ。この投資はまた、インテリジェントリテール分野でのレイアウトを拡張し、海外市場の拡大を加速させ、MINISO名創優品がその中期戦略目標を達成するのをサポートする。

テンセントは、中国のインターネット付加価値サービスの大手プロバイダーで、同国最大のソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームを有している。強力なソーシャルプラットフォームとビッグデータ技術に基づき、テンセントはユーザーに多様なデジタルコンテンツを提供し、広告主が何億人もの中国の消費者に達するのを支援する。

Hillhouse Capitalは長期的な価値投資に特化した企業で、持続可能な長期的成長を生み出すことを目指している。Hillhouse Capitalは科学・技術イノベーションを通じ、世界中、特にアジアで、共に価値を創造する最高の起業家や経営チームを探し出すことにコミットしている。Hillhouse Capitalの投資は、TMT、医療、消費、コーポレートサービスなどの分野をカバーしており、株式投資のあらゆる段階に広がっている。

ソース:MINISO Japan

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]