【品質検査や建物劣化等を自動分類・検出】AI・画像認識サービス「タクミノメ」を正式提供いたします。

株式会社ALBERT 2018年10月03日

From 共同通信PRワイヤー

2018年10月3日

株式会社ALBERT

ALBERT、AI・画像認識サービス「タクミノメ」を正式提供
~製品の品質検査や建物劣化等を自動分類・検出~

 株式会社ALBERT (リンク ») (アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下ALBERT)は、人工知能(AI)とディープラーニング技術を用いたAI・画像認識サービス「タクミノメ (リンク ») 」を正式に提供いたします。

【画像: (リンク ») 】

 ALBERT (リンク ») は近年、AI・ディープラーニング技術に関しての研究、技術開発を推進しており、自動車・製造業をはじめ様々な分野でのプロジェクトを通じて、AI・ディープラーニング技術の向上に努めております。この度、画像認識精度向上を課題とする企業様向けに、AI・画像認識サービス「タクミノメ (リンク ») 」の正式な提供を開始し、これまで当社が蓄積してきた知見・ノウハウを活用することで、ALBERT (リンク ») の経験豊富なデータサイエンティストのサポートを通じてPoC(概念実証)段階における実用性の高いモデルの検証を実現します。

 「タクミノメ (リンク ») 」はALBERT (リンク ») のデータサイエンティストが各課題に合わせて最適なニューラルネットワーク、ハイパーパラメータを選定し、構築したモデルの精度結果についてのレポートを納品いたします。その対象は画像認識に不可欠とされる3つの主要なタスク「画像分類」「物体検出」「領域検出」を中心としており、従来の人の「目」による判断工程を、AI技術を活用した画像認識に置き換えることで、取扱うデータ量の拡張等の効果により判断精度を向上させます。これにより、暗黙知等を含むスキル保有者の高齢化に伴う人手不足やスキル継承等の課題を解決いたします。

 「タクミノメ (リンク ») 」は、日本マイクロソフト (リンク ») が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure (リンク ») 」を活用しており、「タクミノメ (リンク ») 」の標準プラン*ではAIモデルのトレーニング環境に「Azure Batch AI (リンク ») 」を採用しています。「Azure Batch AI (リンク ») 」は、複雑なインフラストラクチャを管理することなく、Microsoft Azure (リンク ») で機械学習とAIのモデルを大規模にトレーニングしてテストするのに役立つマネージド サービスです。
*標準プラン以外の場合は、要件に合わせ、GPU搭載ワークステーションやIaaS上でGPUインスタンスにて構築することも可能です。

■日本マイクロソフト株式会社 執行役員 パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部長 金古 毅
日本マイクロソフト (リンク ») は、ALBERT (リンク ») のAI・画像認識サービス「タクミノメ (リンク ») 」の正式提供を心より歓迎いたします。この度のMicrosoft Azure (リンク ») とAI・ディープラーニング技術を連携することで、有スキル者の高齢化に伴う人手不足やスキル継承などの課題解決を支援します。また「Azure Batch AI (リンク ») 」を活用いただくことでデータサイエンティストによる精度向上に向けた計画と実験のサイクルを高速に繰り返すことで、PoC(概念実証)段階でも精度の高い分析支援ができることを期待しております。同社とは、すでにDEEP LEARNING LAB (リンク ») ( (リンク ») )の活動を通じてディープラーニングに関連する、開発事例や最新技術動向を情報発信しております。今後も日本マイクロソフト (リンク ») は、ALBERT (リンク ») と連携していくことで、人工知能や深層学習の実社会での活用を推進してまいります。

【画像: (リンク ») 】

■活用シーン例
【製造】製造設備の異常検知、製造レーンの予知保全、生産工程においての物体検出・検知、製品の不良検査
【建築】建築物の外観検査、壁面劣化、配管設備の内部検査
【医療】細胞の病理診断
【その他】製品画像へのタグ付け、侵入検知・監視


■導入メリット
PoC(概念実証)段階で高精度な画像認識を実施することができます。これにより実用化の可能性を早期に検討でき、実導入・運用に向けた計画が立てやすくなります。

・一般的にディープラーニング技術を用いる際には、精度向上のために多量のデータセットが必要となります。一方、「タクミノメ (リンク ») 」にはデータ拡張機能があるため、画像の左右反転や色変更など、従来の人手による追加データの取得・作成等の作業が発生しません。

・「画像分類」では、従来ブラックボックスと言われていたディープラーニングの識別基準について、画像中のどの部分を見て識別しているかの特定が可能です。これにより、識別性能の向上に向けたPDCAを比較的早く回すことが可能となります。


■AI・画像認識サービス「タクミノメ」サービスサイト
  (リンク »)


※Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。




株式会社ALBERT
当社は、日本屈指のデータサイエンスカンパニー※として、ビッグデータアナリティクス領域において最適なソリューションを提供しています。コアとなるアナリティクステクノロジーを用いた「ビッグデータ分析」「分析コンサルティング」「AIアルゴリズム開発とシステム導入」「AIを用いた独自プロダクトの提供」等のデータソリューション事業を通じて、より良い社会の実現を目指します。また様々な領域で人工知能(AI)の活用が注目される中、培ったノウハウを元に「データサイエンティストの育成支援」を行なうことで、データ活用のプロフェッショナル人材育成に貢献します。
※データから価値を創出し、ビジネス課題の解決を実現するプロフェッショナル集団

【会社概要】
社 名  : 株式会社ALBERT
所在地  : 東京都新宿区西新宿1-26-2
       TEL: 03-5909-7510/FAX: 03-5909-7569
設立日  : 2005年7月1日
代表者  : 代表取締役社長 松本壮志
証券コード: 3906(東京証券取引所マザーズ)
事業内容 : データソリューション事業
       ・ビッグデータ分析
       ・分析コンサルティング
       ・AIアルゴリズム開発とシステム導入
       ・AIを用いた独自プロダクトの提供
       ・データサイエンティストの育成支援

U R L    :  (リンク »)




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]