人気急上昇中の銅版画家の大規模個展「入江明日香展-細密のファンタジー-」を京都高島屋で10月15日(月)まで開催。

株式会社高島屋 2018年10月04日

From Digital PR Platform


京都高島屋で、10月15日(月)まで「入江明日香展 -細密のファンタジー-」を開催いたします。
本展では、学生時代の初期作品から、「京都」と「横浜」をイメージした最新作まで、およそ80点を展示します。
入江の作品は、手漉き和紙に刷った銅版画を入念に描いた下絵にコラージュし、さらに、水彩・ 墨・箔・胡粉などを施す「ミクストメディア」により、細部にまでこだわり制作されています。作品の随所には小さな動物や人物などがユーモラスに描かれ、見る人を引き込み、楽しませる魅力にあふれています。
会場には、作品展示のほか、画のモチーフを大きく立体化し、まるで作品の世界に入り込んだように体感できるフォトスポットの設置や、幻想的な桜ふぶきの映像とのコラボレーション展示など、入江作品の世界観を存分に体感していただける、楽しい仕掛けも。

○展示作品一例
(リンク »)

京都白波図  2018年  作家蔵

(リンク »)
横浜海航図  2018年  作家蔵

(リンク »)
Le Petit Cardinal  2014年  丸沼芸術の森所蔵

(リンク »)
江戸淡墨大桜  2016年  丸沼芸術の森所蔵

○ギャラリートーク&サイン会 開催
■日時: 10月6日(土)、10月7日(日) 各日11:00~、14:00~(予定)
■会場: <ギャラリートーク> 京都高島屋7階グランドホール会場内
     <サイン会> 入江明日香展 展覧会グッズ販売コーナー付近

○入江明日香 <略歴>
1980年 東京都生まれ
2004年 多摩美術大学大学院博士前期課程美術研究科版画領域修了
日本版画協会第72回版画協会展奨励賞受賞(東京都美術館)
第3回棟方記念版画大賞展奨励賞受賞(南砺市立福光美術館、富山)
2005年 第13回プリンツ21グランプリ展グランプリ受賞
第4回池田満寿夫記念芸術賞大賞受賞(銀座洋協ホール、東京)
2006年 平成17年度文化庁新進芸術家国内研修員修了
2012年 平成24年度文化庁新進芸術家海外研修員としてフランスに滞在(~13年)
2013年 PAT in Kyoto・京都版画トリエンナーレ大賞受賞(京都市美術館)
現在   日本美術家連盟会員


【概要】
「入江明日香展 -細密のファンタジー-」
■会期 :2018年10月3日(水)~10月15日(月)
■会場 :京都高島屋7階グランドホール(京都市下京区)
■入場時間 :午前10時~午後7時30分(午後8時閉場) ※最終日は午後4時30分(午後5時閉場)
■入場料 :一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料  ※午後6時以降の入場は半額
■主催 :入江明日香展 実行委員会、京都新聞 
■協力:損保ジャパン日本興亜
■特別協力 :丸沼芸術の森
■監修:真住貴子(国立新美術館教育普及室長)
■企画協力 :アート・ベンチャー・オフィス ショウ


【お問い合わせ先】 京都高島屋 TEL:075-221-8811(代表)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]