ライフスキャンが欧州糖尿病学会議で未来のイノベーションを発表

ライフスキャン(Lifescan, Inc.) 2018年10月05日

From 共同通信PRワイヤー

ライフスキャンが欧州糖尿病学会議で未来のイノベーションを発表

AsiaNet 75358

ライフスキャンが欧州糖尿病学会議で未来のイノベーションを発表:ブラッドシュガーメンター(TM)を備えたワンタッチベリオリフレクト(TM)ブラッドグルコースメンター

糖尿病専門医が、血糖の自己モニター(SMBG)と医療専門家および糖尿病患者の可能性を引き出すことの重要性を認める

ベルリン(ドイツ)、2018年10月5日/PRニュースワイヤー/ --

血糖モニターで世界をリードするライフスキャン(Lifescan, Inc)は、本日の欧州糖尿病学会議(EASD: European Association for the Study of Diabetes)2018年年次大会の接続型血糖値自己モニターの未来に関するシンポジウムの一環として、同社の最新イノベーション、ワンタッチベリオリフレクト(OneTouch Verio Reflect)(TM)血糖測定器を発表した。

写真- (リンク »)

ロゴ – (リンク »)

ワンタッチベリオリフレクト(TM)システムには、パターンを分析、患者に血糖の傾向を通知し、血糖が適正範囲より上昇または下降したときに検知する個人別のアドバイスを提供するよう作られた、ブラッドシュガーメンター(Blood Sugar Mentor)(TM)[1]を備えている。またワンタッチ(R)ブランドのカラーシュア(ColorSure)(R)技術から展開したカラーシュア(ColorSure)(R)ダイナミックレンジインジケーター(Dynamic Range Indicator)[カラーシュアプラス:ColorSure(R)PLUS]を備えている。カラーシュア(R)プラス技術は、血糖が高値や低値に近づいたことを患者に知らせるように作られている。ワンタッチベリオリフレクト(TM)測定器では、世界で最も多くダウンロードされ続けるワンタッチリビール(OneTouch Reveal)(R)モバイルアプリの、ユーザーからヒントを得た機能が使用できる[2]。

シンポジウムで新製品の計画を発表したライフスキャンのポートフォリオ戦略責任者、David DeJongheは、次のように話している。「ワンタッチベリオリフレクト(TM)システムは、患者の血糖値に基づくリアルタイムで個人別の指導と励ましを提供する。この新システムは各患者、そして時間とともに変わるニーズに合わせてカスタマイズできる。ライフスキャンには、血糖値モニターにおける革新の豊かな伝統がある。当社は患者のために革新を続け、ワンタッチベリオリフレクト(TM)や糖尿病管理アプリ、ワンタッチリビール(R)などのソリューションで進歩を加速させる」

糖尿病治療の国際的エキスパートたちが血糖値自己モニター(SMBG)は引き続き重要であることと、スマートフォンを使った接続型SMBG システムの可能性を宣言し、一貫した患者支援と意思疎通のニーズが未だ満たされていないことを認めたライフスキャン後援のシンポジウムは、この新システムで最高潮に達した。

ボーンマス大学(Bournemouth University)とサウサンプトン大学(University of Southampton)両大学の健康心理学客員教授で、糖尿病の心理社会的影響と管理を専門とし、英国を拠点とする公認健康心理学者、キャサリン・バーナード博士は、次のように語った。「2型糖尿病の患者は本当に、自分が糖尿病であることを知られたくはなく、自分の裁量で選択したいと考えてるので、24時間機器を装着する方法はとりたがらない。血糖値モニターは、依然として最低コストで最も正確に測定する手段である。次世代の接続型SMBGツールの開発が、自身の糖尿病に煩わされる時間を最小限にする一方、糖尿病の負担を減らして自己管理を助ける。それが真の勝利だ」

代謝研究センター(Center for Metabolic Research)臨床医学教授で、非営利の糖尿病教育組織、テイキング・コントロール・オブ・ユア・ダイアビーティーズ(TCOYD:Taking Control of Your Diabetes、糖尿病の自己管理の意)の創立者でもあるスティーブン・エデルマン医学博士も、「未来への架け橋:SMBGは死んでいない、評価されないだけ(Bridging to the Future: SMBG is Not Dead, it's Under-Appreciated)」と題する合意声明の完成を発表した。この声明は、過去1年間にSMBGが引き続き重要であることと可能性を引き出す機会をテーマに、様々な糖尿病のリーダーや関係者で行われた数多くのセッションの集約である。著者らは年内に論文審査のある専門誌でこの声明を発表する予定だ。

ワンタッチベリオリフレクト(TM)測定器は、2018年第4四半期に予定されているフランスでの発売に合わせてCEマークの認証を待っており、他のヨーロッパ・中東・アフリカの市場では2019年に発売になる。同製品はまた、米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の510(k)認可およびカナダ保健省(Health Canada)の医療機器ライセンス(Medical Device Licence)取得に向けて提出されている。さらには、ワンタッチベリオ(R)テストストリップの代わりにワンタッチウルトラプラス(R)テストストリップを使用するワンタッチベリオリフレクト(TM)測定器と同じ機能を持つ血糖値測定器、ワンタッチウルトラプラスリフレクト(OneTouch Ultra Plus Reflect)(TM)測定器も、2018年第4四半期に予定されるドイツとベルギーでの発売に合わせてCEマークの認証を待っており、他のヨーロッパ・中東・アフリカの市場では2019年に発売の予定。

ワンタッチリビール(R)モバイルアプリは、アルゼンチン、アルジェリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、コロンビア、チリ、フランス、ドイツ、インド、イタリア、アイルランド、メキシコ、ポルトガル、カタール、スペイン、アラブ首長国連邦、英国、米国の世界20か国において、アップストア(App Store)(R)から無料ダウンロードしてアップル(Apple)(R)機器で、グーグルプレイ(Google Play)(TM)から無料ダウンロードしてアンドロイド(Android)(TM)機器で使用できる。

ライフスキャン(Lifescan, Inc.)について

ライフスキャンは血糖値モニターの世界的リーダーで、世界の2千万人以上が糖尿病管理でワンタッチ(OneTouch)(R)ブランドの製品を使用しており、ワンタッチベリオ(R)プラットフォームは7万以上の臨床データポイントで7年間にわたってその正確さを実証してきた[3]。米国においてライフスキャンは血糖モニター企業のリーダーであり、他のブランドよりワンタッチ(R)ブランド製品を推奨する内分泌学者、一般開業医、薬剤師は多い。新型のワンタッチベリオリフレクト(R)システムとワンタッチベリオフレックス(OneTouch Verio Flex)(R)測定器には、患者の血糖値が正常値を外れると即座に表示するカラーシュア(R)技術が使われており、また内蔵のブルートゥース(Bluetooth)(R)[i]スマート(Smart)技術により2つの測定器を無線接続して、世界の糖尿病管理アプリでダウンロード数トップ10の地位を確保しているワンタッチリビール(R)モバイルアプリを使ってシームレスに同期させることができる[4]。ワンタッチベリオリフレクト(TM)システムとワンタッチベリオフレックス(R)測定器は、ワンタッチリビール(R)モバイルアプリと一体となり、糖尿病患者と医療チームが糖尿病管理で一歩前進するために情報の力を活かせるようにする。詳しくは、www.OneTouch.comを参照。

[1] ブラッドシュガーメンター(Blood Sugar Mentor)(TM)は、血糖値から分かるパターン・メッセージ、メンター・メッセージ、受賞メッセージを照合
[2]R2Gデータ、2018年8月
[3] Setford他。「血糖値テストストリップ製品の臨床パフォーマンスに関する7年間の調査(Seven-year surveillance of the clinical performance of a blood glucose test strip product)」、ジャーナル・オブ・ダイアビーティーズ・サイエンス・アンド・テクノロジー(Journal of Diabetes Science and Technology)(2017年)1-85
[4] R2Gデータ、2018年8月

[i]ブルートゥース(Bluetooth)(R)のワードマークとロゴは、ブルートゥースSIG(Bluetooth SIG, Inc)が所有する登録商標であり、ライフスキャン・スコットランド(Lifescan Scotland Ltd)はライセンスを得てこれらのマークを使用している。他の商標および商品名は各所有者に属する。

お問合せ: Bridget Kimmel、(215) 688-6033、BKimmel@its.jnj.com; Bridget Doherty、(610) 428-0038、BDohert3@its.jnj.com

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]