世界の加盟店は国慶節中にUnionPay(銀聯)サービスを最適化し、中国人観光客の体験を向上させる

銀聯国際(UnionPay International) 2018年10月05日

From 共同通信PRワイヤー

世界の加盟店は国慶節中にUnionPay(銀聯)サービスを最適化し、中国人観光客の体験を向上させる

AsiaNet 75594(1806)

【上海2018年10月5日 PR Newswire=共同通信JBN】China Tourism Academy(中国旅游研究院)の見積もりによると、今年の国慶節期間中に海外へ向かう旅行者は700万人で、過去最高となる。この休日は世界的なゴールデンウイークになり、海外メディアとビジネスマンからの関心を集めている。Forbesのウェブサイトはこのほど、中国人観光客の体験、消費、宿泊の好みが世界の観光産業を再形成するだろうと報じた。海外のビジネスマンは、中国人観光客が欲しているもの、例えばUnionPay(銀聯)のような人気の決済ツールについて知るべきである。

銀聯国際(UnionPay International)のデータによると、現在、中国本土外で2500万以上の加盟店がUnionPay(銀聯)カードを受け入れている。UnionPay(銀聯)アプリのユーザー数が8000万人を超える中、加盟店はUnionPay(銀聯)アプリをサポートすることは中国人観光客を歓迎する1つの方法とみている。UnionPay(銀聯)モバイル決済サービスは現在までに41の国・地域を網羅している。ゴールデンウイークの最初の3日で中国本土外でのUnionPay(銀聯)モバイルQuickPassとUnionPay(銀聯)QRコード決済の取引量は前年比で2倍になった。

香港のPricerite家庭用品店は国慶節の直前にUnionPay(銀聯)ORコード決済を開始した。この数日間に香港、マカオ、本土からの多くのUnionPay(銀聯)アプリユーザーが同店でサービスを体験した。10月1日から3日の間に香港とマカオを訪れた観光客はUnionPay(銀聯)モバイル決済サービスを頻繁に使用し、その取引量は約100%増加した。ニュージーランドでは、UnionPay(銀聯)モバイルQuickPassの取引量は前年比で約5倍に増加した。現地で最大のスーパーマーケットチェーンのCountdown Supermarketのゼネラルマネジャーであるブレット・アシュレー氏は、Countdownの181店舗すべてがUnionPay(銀聯)モバイルQuickPassを受け入れて、同スーパーマーケットで買い物をする中国人顧客の便宜を図っていると述べた。

ゴールデンウイークの期間中、全世界25の国・地域の約2万の加盟店は最大30%の割引をUnionPay(銀聯)カードホルダーに提供している。これには香港、日本、東南アジア、米国、オーストラリア、欧州、ロシアなど人気のある旅行先が網羅されている。海外旅行でのケータリング、エンターテインメント、交通、その他の体験で急速に増大する消費者ニーズへの対応として、このキャンペーンに参加する加盟店の約半数の業態は、こうした種類の旅行体験に関連している。UnionPay(銀聯)カードホルダーは大英博物館、ニューヨーク・メトロポリタン美術館、シンガポールのウイング・オブ・タイム、およびそのほかの特別なエンターテインメント・プログラムを訪問した際に割引を受けられる。グルメのカードホルダーは香港、京都、ロンドンなどのミシュランの星を獲得した10以上のレストランで特典と割引を受けられる。

ソース:UnionPay International

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]