Hikvisionがコモンクライテリア認定を獲得

Hikvision Digital Technology Co., Ltd. 2018年10月10日

From 共同通信PRワイヤー

Hikvisionがコモンクライテリア認定を獲得

AsiaNet 75501 (1775)

【杭州(中国)2018年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】革新的なセキュリティー製品およびソリューションで世界をリードするHikvisionは、同社のIPカメラ製品シリーズのDS-2CD3とDS-2CD5がALC_FLR.2(EAL2+)で補強された評価保証レベルEAL2によって「情報技術セキュリティー評価のためのコモンクライテリア」(略称:コモンクライテリアないしはCC)の認定を獲得したと発表した。これは、信頼性およびサイバーセキュリティーにおける世界の顧客に対するHikvisionのコミットメントを実証したものである。

情報技術セキュリティーで最も幅広い評価を受けている国際基準の1つ(ISO/IEC 15408)であるコモンクライテリア認定は、情報技術製品ないしはソリューションのセキュリティーおよび信頼性の評価に主に適用され、個人情報の保護にも重点を置いている。28カ国の政府組織ないしは政府機関(注1)は、国家情報保証パートナーシップ(NAIP)と米国防総省を含め、コモンクライテリア国際承認アレンジメント(CCRA)(注2)に参加してきた。多数のエンタープライズ組織も関連調達の必要条件としてCCを使用している。

Hikvision Network and Information Security Laboratory and Network Security部門の最高責任者であるワン・ビン博士は「ネットワーク化されたインテリジェントな時代への転換に伴い、セキュリティー業界は前例のない開発機会に加え、新しい課題にも直面している。Hikvisionは常に高品質で安全かつ革新的なセキュリティー製品の開発にコミットしてきた」と語った。

コモンクライテリア認定に必須なプロセスとして、Hikvisionは、世界中で知られたセキュリティー評価機関であるコモンクライテリア試験ラボBrightsightによって行われた厳格な評価に合格した。

▽Hikvisionについて
Hikvisionは、革新的なビデオ監視製品とソリューションで世界をリードするプロバイダーである。業界最強の研究開発陣を擁するHikvisionは、オーディオ/ビデオエンコーディング、ビデオ画像処理、関連データストレージの中核技術のほか、クラウドコンピューティング、ビックデータ、ディープラーニングなどの先見的なテクノロジーを進化させている。Hikvisionは長期的ビジョン達成のため、ビデオ監視業界に加え、スマートホーム・テクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にもその範囲を広げている。顧客のために常に価値を創造するHikvisionは、真に国際的な影響力を達成するため、世界で37の地域子会社を運営している。詳細はwww.hikvision.com を参照。

(注1) (リンク »)

(注2) (リンク »)

ソース:Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]