VariFlight:2018年の台風シーズン、東アジアで1万5千便以上が欠航

VariFlight 2018年10月10日

From 共同通信PRワイヤー

VariFlight:2018年の台風シーズン、東アジアで1万5千便以上が欠航

AsiaNet 75631 (1820)

【合肥(中国)2018年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】主要な航空テクノロジー企業のVariflightは、2018年夏の台風シーズンと東アジア地域の空港の混乱に関する報告書を公表した。報告書は7月1日から9月20日までの13の台風と中国本土、台湾、香港、マカオ、日本および韓国の28の主要空港の運航への台風の影響を調査した。調査によると、これらの台風によって1万5000便以上が欠航し、那覇空港では定時運航率が最低の4.47%となった。台風21号(チェービー)と22号(マンクット)がこの地域の空港に最も深刻な影響を与えた。

台風と熱帯低気圧は、アジア太平洋地域では夏から初秋にかけてよく発生する。今年、わずか2カ月半の間に同地域は13の台風と暴風雨に見舞われた。これらすべての台風が21号や22号ほどの破壊力を持たなかったものの、航空便の欠航や遅延を含む交通機関の混乱を引き起こした。

空港は以下のパラメーターによって分析された:

*定時運航率
*平均遅延時間
*欠航便数

さらに、台風は航空便の混乱・欠航に及ぼした影響によって分析された。報告書の全文を閲覧するには以下をクリック。
( (リンク ») )

▽VariFlightについて
2005年に創設され「living on time」をビジョンに掲げるVariflightは、世界に航空テクノロジーを提供する主要なブランドである。航空便の遅延という問題に対処するという目標に触発され、VariFlightはフライトデータの透明性実現の先頭に立っている。2009年、同社はVariFlightアプリの最初のバージョンを発表し、中国の国内便の100%をカバーするというマイルストーンを達成した。以来、VariFlightは世界中にリーチを拡大し、2017年5月までに世界の民間航空便の94%をカバーするに至った。VariFlightのデータは、世界の3億を超す旅行者と数千のトップ企業に利用されている。詳細はwww.variflight.com を参照。

ウェブサイト:www.VariFlight.com
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Linkedin: (リンク »)

ソース:VariFlight


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]