Repro、国内最大のハンドメイドマーケット「minne」に導入!

Repro 2018年10月11日

From PR TIMES

~「minne」がパーソナライズ化された情報発信を強化~

世界59か国5,000以上の導入実績を持つマーケティングプラットフォーム「Repro」を中心に提供するRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下当社)は、このたびGMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営するハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMOペパボ」にマーケティングツール 「Repro」が導入されたことを発表いたします。



[画像: (リンク ») ]

モバイルアプリのマーケティングツール「Repro」は、アプリユーザーの行動・属性データを取得し、そのデータをマーケティングに活用できるよう加工、プッシュ通知やアプリ内メッセージ、広告配信といったマーケティング施策の実施を実現してまいりました。いまや国内シェアNo.1という地位を築き、世界59カ国5,000以上(2018年5月時点)のアプリへの導入実績を誇ります。

「minne」は、誰でも簡単にハンドメイド作品を販売・購入・展示できる、国内最大のハンドメイドマーケットで、2017年には年間流通総額が100億円を突破しました。PCがなくてもスマートフォンから簡単に利用できるという点も人気を呼び、順調にアプリダウンロード数を伸ばしています。

現在「minne」では867万点以上(2018年9月末時点)の作品が販売されており、サービスの拡大とともに作品数は日々増え続けています。多種多様な作品が取り扱われている中、ユーザーが好みの作品に出会うためには、一人ひとりの趣向性を的確に捉え、最適化された情報を発信するパーソナライズが重要です。
このたび同社は、「minne」において、より多くのユーザーと作品との出会いを実現するため、「Repro」導入に至りました。

「Repro」の分析機能によって、アプリユーザーの行動・属性情報を可視化、カスタマージャーニーに基づいたシナリオを設計し、プッシュ通知やアプリ内メッセージなどのマーケティング機能を活用することにより、一気通貫したマーケティング施策が可能となります。

今回の「Repro」導入にあたり、「minne」のマーケティングを担当されているminne事業部の廣崎様より、以下コメントをいただきました。

「ハンドメイド市場が過熱しminneのご利用者さまが増え続ける中、いかに個々のお客さまと適切なコミュニケーションを行っていくかを考えていたところ「Repro」と出会いました。「Repro」はお客さまの属性だけではなく、マーケット内の行動から好みの傾向をキャッチしてコンテンツやメッセージの配信ができます。またA/Bテストも簡単に設定でき、クリエイティブ自体も素早く内容を見直すことができます。これから新しく1to1マーケティングに取り組んでいこうと思っていた私たちにとっては、そのような自由度の高さと使いやすいUIがとても魅力的でした。いままで分析と配信を別々で行っていたところも、これからは「Repro」上で分析した結果をすぐに利用し配信していくことができます。「Repro」で目指していた1to1マーケティングの形を実現し、よりお客さまに喜ばれるサービスを目指したいと思います。」

当社は「Repro」の提供を通じて、パーソナライズされた作品やサービスの情報提供を可能にし、作品と作家との出会いが活性化されることにより、手から生まれる物の価値をより多くの方に広げていきたいという「minne」の思いを支援してまいります。


■「minne」について
「minne」は、ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。全国各地の47万人以上の作家の手によってひとつひとつ丁寧に作られた、867万点以上の作品(2018年9月末現在)との新しい出会いをお届けしています。「minne」ではピアスなどのアクセサリーをはじめ、ファッション雑貨、家具、食品など、様々なハンドメイド作品の販売・購入をすることができます。

minne  : (リンク »)
iOS   : (リンク »)
Android: (リンク »)
社名   :GMOペパボ株式会社(JASDAQ 証券コード:3633)
所在地 :東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 :佐藤 健太郎
設立  :2003年1月10日
事業内容:ホスティング事業、EC支援事業、ハンドメイド事業
URL   : (リンク »)


■Reproについて
Reproはアプリの成長支援ツールを2015年4月にリリース、現在では世界59か国、5,000以上(2018年5月時点)のアプリに導入されています。 リテンション分析・ファネル分析をはじめとした定量分析機能、動画による定性分析機能を用いてアプリのUI・UXの改善が可能です。さらには分析結果をもとにプッシュ通知やアプリ内メッセージ表示などアプリ内マーケティングを行うことができます。2016年3月にはアプリ成長コンサルティング事業を開始し、アプリの成長支援ツール提供にとどまらず、アプリに関連する戦略立案・企画、開発から運用までを一貫して支援しています。2018年8月にAI・機械学習を活用した研究開発チーム「Repro AI Labs」を設立し、マーケティングの自動化に向け実証実験と機能開発を進めています。

社名  :Repro株式会社
所在地 :東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル6F
代表者 :平田 祐介
設立  :2014年4月
事業内容:モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供
Twitter : (リンク »)
Facebook: (リンク »)


アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]