世界最高層の住居ビルCentral Park Towerが販売開始

Extell Development Company 2018年10月16日

From 共同通信PRワイヤー

世界最高層の住居ビルCentral Park Towerが販売開始

AsiaNet 75720 (1873)

【ニューヨーク2018年10月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*ニューヨークで発売された最も注目すべきレジデンス

全米で高い評価を受ける不動産開発企業Extell Development Company( (リンク ») )は15日、世界最高層住居ビルの販売開始を発表した。ニューヨーク市の有名な「Billionaire's Row(億万長者通り)」にそそり立つ1550フィートのガラスと鋼鉄の灯台のようなCentral Park Tower( (リンク ») )は世界で最も栄誉ある住所の1つになる。Central Park Towerははるかかなたを望む眺望、精巧な建築、ゆったりとしたレイアウト、そしてかつてない高レベルのサービスを誇り、ニューヨーク超高層ビルの決定版になる。

Photo - (リンク »)
Video - (リンク »)
Photo - (リンク »)

Extell Development Companyの創業者兼社長のゲーリー・バーネット氏は「世界で最も才能にあふれた建築家、エンジニア、設計者と10年以上にもおよぶ計画と協力を行った結果がマンハッタンで最新のアイコン的な建築として結実した」として次のように述べた。「Central Park Towerはかつて誰も見たことがない高レベルの設計、品質、そしてサービスを提供する。このビルはラグジュアリーな生活というものを根底から変えた住宅としてニューヨーク市の歴史の中でひときわ輝く物件になる」

同タワーはニューヨークの最も有名な回廊地帯であるウエスト57丁目に立地し、その直ぐ北にはセントラルパーク、西にはコロンブス・サークルというダイナミックな拠点がある。Extellは57丁目で最初の超高層タワーのOne57を建て、現在はBillionaire’s Rowとして知られる開発計画のパイオニアになった。パークハイアットの5つ星の旗艦ホテルの上に位置し、セントラルパークを見下ろす記録破りのガラス張りタワーには販売価格1億50万ドルというニューヨーク市で最も高額で販売された住居がある。

Central Park TowerはAdrian Smith + Gordon Gill Architecture(AS+GG)の設計になるもので、同社は世界中で高機能、省エネ、そして衝撃的な建築設計に専念してきた。AS+GGは世界の顧客との協力により、世界の最高層、最高機能ビルのうち9つを設計している。現在、AS+GGは次に世界の最高層ビルになる予定のサウジアラビアで建設中のジェッダ・タワー(Jeddah)の設計、そして中国で建設中の武漢グリーンランド・センターと成都グリーンランド・センターの設計も行っている。

AS+GGはその幅の広い経験でCentral Park Towerのようなアイコン的ランドマークビルの設計に比類なく適している。同ビルの正面はガラス、サテン仕上げのステンレススチール、そして材質と光の相互作用を引き立たせる映り込みの良い部材を縦横に組み合わせることで周りの環境とは異彩を放っている。同ビルは地上から300フィートの高さで東向きに張り出し構造を持ち、北向きのすべての住居からセントラルパークを見ることができる。

Central Park Towerに住むことの大きな特徴は素晴らしい眺望とフロアープランである。ぜいたくなリビングおよび娯楽用のスペースは戦略的に住居の四隅に配置されており、その結果、複数方向でパノラマのような街全体の眺望が最大化されることになった。構造部分はうまく住居ユニットの間に配置されているため、天井から床までの開口窓、妨げるもののない眺望、ゆったりとしたレイアウトが可能になった。

Adrian Smith + Gordon Gill Architectureのゴードン・ジル氏は「建築の大きな責任の一つは体験を継続して高めつつ、同時に建築をエレガントで尊敬に値するものにすることだ」として次のように述べた。「セントラルパーク・タワーは大都市ニューヨークのスピリットという優位性を生かし、かつBillionaires Rowとセントラルパークに沿うという所在地に値するよう設計された」

これらの荘厳なレジデンスのインテリアを設計したRottet Studioの仕事にはマンハッタンのサリーホテル、アスペンのセントレジス、そしてヒューストンのビバリーヒルズホテル・プレジデンシャル・バンガローズとリバーオークスが含まれる。Rottetのインテリアは細部に至るまでの優れた仕事で有名で、比類ないインテリア環境を築くために独自のカスタム仕上げを行っている。32階から始まり、2から8ベッドルームまでの179の超高級レジデンスは広さが1435平方フィートから1万7500平方フィート以上まである。

過去最高の高さを誇る住居タワーの中には世界で最もイクスクルーシブなクラブであるセントラルパーク・クラブが設置されることになっている。同クラブが占有する3フロアには徹底的に選び抜かれた約50000平方フィートのアメニティー施設が置かれ、それぞれの場所で提供される五つ星のサービスは、その体験を引き立たせる。

14階にある同クラブの1階では居住者のためのラウンジが設けられ、ビリヤード、映画、会合場などがある。このフロアの中心は1万5000平方フィートの屋外テラスで、そこには60フィートの目を見張るようなスイミングプール、更衣室、バー、目隠し塀、飲食サービス、さらに子ども用の屋外の遊び場がある。16階の健康・ウェルネス・センターには63フィートの屋内プール、最先端のフィットネスセンター、バスケットボール・コート、公式スカッシュ・コート、サウナ、スチーム、トリートメントルームなどがある。同クラブの真骨頂は1000フィート以上の高さの100階にある。この素晴らしいスペースのプランはまだ発表されていない。

ビルの基部には面積32万平方フィートで7階の新しいNordstrom NYC Flagshipストアが営業ことになっており、同社ブランドの訴求としては最大かつ最高のものになる。シアトルに本部を置くファッション小売の同社は30年にもおよぶ最適地の調査の結果、Central Park Towerを同社の100年を越す歴史の中で単一プロジェクトとして最大の投資を行う場所として選んだ。

ExtellはCentral Park Towerに関し、世界で2番目に高い上海タワーに責任を持つトップ・インフラ施設投資企業Shanghai Municipal Investmentの米国子会社SMI USA(SMI)と共同開発している。

Extell Marketing Groupは独占的にCentral Park Towerの販売とマーケティングを取り扱うことになっており、第1回の募集完了は2019年の終わりに予定されている。詳しい情報またはセールス・ギャラリーでの個別面談の予約は電話(212-957-5557)またはウェブサイトwww.centralparktower.com を参照。

▽Extellについて
Extell Development Companyは全米で高い評価を受けている住宅、商業施設、小売、ホスピタリティー施設、複合用途施設の不動産開発会社で、主にマンハッタンやその他の国内主要都市で事業展開している。Extellは世界的に認められた建築家や設計の専門家と協力し、洗練されたデザイン、優雅な間取り、一級のアメニティーで名高い物件を創り出している。

開発中のプロジェクトには、ローアー・マンハッタンの最大のコンドミニアムで、息をのむようなウォータービュー、シティービューと10万平方フィート超のアメニティーを誇るOne Manhattan Square、完成すればブリックリンで最高層のビルになるBrooklyn Point、アッパーイーストサイドのクラシックなエレガンスを映し出す内装を備えたニューヨーク市のアールデコに敬意を表するビルであるイースト95丁目200のThe Kent、11階すべてがカスタムメードでラグジュアリーなメゾネットコンドミアムの1010 Park、ウエストソーホー敷地内のハドソン・スクエアにおける初のラグジュアリー住宅開発の70 Charltonである。Extellはまた、995 Fifth Avenueの旧Stanhope Hotelや、アッパー・ウエストサイドのランドマークビルであるThe Belnordなど、ランドマーク周辺のいくつかのクラシック建造物を復元、改修している。詳細については、www.extell.com を参照。

▽Adrian Smith + Gordon Gill Architectureについて
Adrian Smith + Gordon Gill Architecture(AS + GG)は高機能、高エネルギー効率、持続可能な建築設計に専念している。GS + GGは、建築は市民生活に影響を与える固有の力を持つという理解のもと、各プロジェクトに取り組んでいる。同社は社会を支援し、現代技術を発展させ、環境を維持し、まわりの人々に世界を向上させるという刺激を与える設計を行うことを追求している。AS + GGは米国での文化・複合用途施設のプロジェクトに加え、現在はサウジアラビア、ドバイ、中国、インド、カナダ向けの設計プロジェクトに取り組んでいる。同社は2006年にパートナーであるエードリアン・スミス、ゴードン・ジル、ロバート・フォーレストの各氏によって設立された。より詳しくはsmithgill.com を参照。

▽SMIについて
SMI USAはShanghai Municipal Investment(Shanghai Chengtouとしても知られる)の子会社で、ニューヨークに本社を置く不動産の投資管理会社である。SMIはその誠実性、プロフェッショナリズム、クラス最高の資産に誇りを持っている。SMIはプロジェクトの開始から譲渡までを切れ目なく遂行する。

SMI USAは米国に本社を持ち、上海最大の国営企業で極めて大きな影響力を持つ親会社の事業部門である。現在、SMIは上場した2社の子会社と非上場の11社の関連会社と子会社を持っている。同社は上海のインフラ計画、投資、建設、運営の事案に連動して成功を収めている。

ソース:Extell Development Company

▽問い合わせ先
M18 PR
Anna LaPorte
+1-212-604-0318
anna@m18pr.com;

Maggie Gage
+1-212-604-0318
maggie@m18pr.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]