AIを用いて工作機械の切粉を検出、加工精度向上に期待。大阪の企業と共同研究開始

学校法人金沢工業大学 2018年10月16日

From 共同通信PRワイヤー

2018年10月16日

金沢工業大学

AIを用いて工作機械の切粉を検出、加工精度向上に期待。
金沢工業大学情報工学科 中野淳教授と鷹合大輔准教授の研究チームが
株式会社オーエム製作所と共同研究を開始

金沢工業大学工学部情報工学科の中野淳教授(専門:データサイエンス)と鷹合大輔准教授(専門:ディジタル信号処理)の研究チームが、株式会社オーエム製作所(大阪市淀川区 代表・佐脇 祐二)と工作機械の刃物部分への切粉巻き付き検知の精度をAI技術で向上させる共同研究を開始しました。切削加工時に生じる切粉は加工不良や工作機械の故障につながります。従来の技術では検知できなかった小さな切粉も検出することで、加工精度の向上が期待されます。

【共同研究の概要】
刃物部分への切粉の絡みつきは、加工不良の原因となります。切粉の大きさや絡みつき方は、加工対象となる材料の種類や加工条件によっても大きく変化します。このため、切粉の検出技術には、大きな関心が集まっています。

オーエム製作所では、従来から切粉検知システムを搭載した工作機械の開発を行っており、加工不良の低減や工作機械の故障防止の面などで高く評価されています。

今回の共同研究では、切粉検知システムの検出処理に関する部分に、AI技術を用いることで、オペレーターによる複雑な条件設定を不要としながらも、従来では検知できなかった切粉や小さな切粉を検出するなど、検出精度の向上を目指しています。

【画像: (リンク ») 】
刃物に絡みついた切粉の様子

【画像: (リンク ») 】
AIで検出した絡みついた切粉
※切粉の可能性の高い個所に色付け処理 (赤が最も確率が高い)

なお、この共同研究の取組みは、2018年11月1日(木)から6日(火)まで、東京ビックサイト(東京国際展示場)で開催される第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)の株式会社オーエム製作所ブースにて参考出展されます。

第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)webページ
(リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]