編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ファーウェイが次世代SD-WANルーターを発表 クラウドおよびネットワークの相互接続を簡略化

ファーウェイ(Huawei)

From: 共同通信PRワイヤー

2018-10-16 15:01

ファーウェイが次世代SD-WANルーターを発表 クラウドおよびネットワークの相互接続を簡略化

AsiaNet 75740 (1882)

【上海2018年10月15日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はHUAWEI CONNECT 2018で、同社の次世代SD-WANルーターを発表した。次世代SD-WANルーターは統合プラットフォームを使用し、SD-WAN、ルーティング、ボイス、ファイアウォール、Wi-Fiを含む広範なブランチサービスを統合し、サービス展開を簡略化する。このSD-WANは独自のハードウエアアクセラレーションエンジンを活用し、業界平均の2倍のパフォーマンス向上を提供する。さらに、SD-WANは、インテリジェントなアプリケーション識別、アプリケーションベースのインテリジェントトラフィックステアリング、インテリジェントなアクセラレーションの「3つのインテリジェンス」を実行する。

現在、自社のアプリケーションをサードパーティー・クラウドないしはソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS)環境に移行するエンタープライズが増えている。トラフィックはエンタープライズWANネットワークで急増しているが、非効率的に伝送されているためWANエグレス・ルーターに厳格な要件を課している。WANエグレス・ルーターはSD-WAN機能をサポートし、ルーティング、スイッチング、VPNなど多数のサービスのコンバージェンスを行い、高速でサービスをプロセスするとともに主要サービスの体験を保証する必要がある。

ファーウェイの次世代SD-WANルーターは、顧客構内設備(CPE)およびユニバーサルCPE(uCPE)を搭載している。このルーターはすべて統合プラットフォーム上で開発され、さまざまな規模のブランチおよびクラウド間の相互接続に適合している。uCPEモデルはファーウェイのクラウドベースAgile Controllerを通じて、オープンコンピューティングプラットフォームを提供するとともに、SD-WAN、WAN最適化コントローラー(WOC)、ボイス、Wi-Fi、セキュリティーなど、さまざまなブランチサービス機能を統合して、自動的なサービスオーケストレーションを実行、これによってブランチ展開および維持管理(O&M)を大幅に簡略化する。次世代SD-WANルーターは独自のハードウエアアクセラレーションエンジン、マルチコア並列処理メカニズム、3レベル高速キャッシュを使用し、主要な並列サービスのパフォーマンスを一切低下させることなく業界平均の2倍のフォワーディング性能を提供する。さらに、このルーターは「3つのインテリジェンス」を実行し、主要サービスのロスレス体験を提供する。

次世代SD-WANルーターは16のモデルで発売される。これには、大規模なブランチおよびHQ/データセンター向けに設計されたAR3600シリーズ、小規模および中規模ブランチ向けのAR2600シリーズ、小規模ブランチ向けのAR1600シリーズ、中小企業(SMB)向けのAR650シリーズがあり、ハイブリッドクラウド、ブランチ、インターネット間のすべてのシナリオでの相互接続に最適であり、今後3年から5年にわたるエンタープライズのサービス展開要件を満たす。

ファーウェイはHUAWEI CONNECT 2018で、ファーウェイのクラウドベースAgile ControllerおよびプロフェッショナルなManaged Service Provider(MSP)サービスと組み合わせた次世代SD-WANルーターを活用するSD-WANクラウドサービスを公開した。ファーウェイのSD-WANクラウドサービスはチェインエンタープライズ、マルチブランチの大企業、およびSMBの相互接続シナリオに最適である。これらのサービスはすべてがクラウドに移行する時代のクラウドネットワーク・コンバージェンスにとって最適となる相互接続をエンタープライズ顧客に提供し、エンタープライズがインテリジェントにクラウド接続することを可能にする。

ファーウェイ・エンタープライズ・ゲートウエー・ドメイン担当デピュティーゼネラルマネージャーであるチー・ヤミン氏は「ファーウェイの次世代SD-WANルーターの全製品ラインは簡略化されたクラウドおよびネットワーク相互接続のために開発された。独自のハードウエアアクセラレーションエンジンを搭載するこれらのルーターは、業界平均の2倍のフォワーディング性能を提供する。これらはサービスコンバージェンスと簡略化されたブランチ相互接続をはじめ、オンデマンド・プロビジョニング、アプリケーションベースのインテリジェントトラフィックステアリング、アクセラレーションもサポートし、エンタープライズ顧客のブランチ相互接続体験を大幅に向上させる」と語った。

ファーウェイはSD-WAN分野で投資とイノベーションを継続しきた。ファーウェイのSD-WANソリューションおよび製品はこれまでに、政府、金融、大企業、キャリア、MSPのセクターの30以上の顧客にサービスを提供し、顧客の事業成功の達成を支援してきた。詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

ソース:Huawei

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]