DHL Global Forwardingは、日本で開催されるFIAレースのレースカー・装備をマルチ・モーダル輸送で迅速に輸送

DHL 2018年10月17日

From JCN Newswire


TOKYO, Oct 17, 2018 - ( Media OutReach ) - 航空、海上、陸上貨物輸送のグローバルリーダーであるDHL Global Forwardingは、日本で相次いで開催される国際自動車連盟(FIA)主催の世界耐久選手権(WEC)とFIA世界ツーリングカー・カップ(WTCR)に、エンド・ツー・エンドのマルチ・モーダル輸送を提供し、支援します。今年7年目を迎える公式グローバルロジスティクスパートナーとして、DHL Global Forwardingは、レース用の車体、スペアパーツ、装備を、航空、海上、陸上輸送で富士スピードウェイ(WEC開催地)と鈴鹿サーキット(WTCR開催地)まで輸送します。

DHL Global Forwardingは、レースカー36台、スペアパーツ、そして特別タイヤから高性能エンジンブロックに至るありとあらゆる装備品の全輸送から、通関手続き、地上での取り扱いを担い、レースをサポートします。富士山で開催されるWECレースの開幕を前に、DHLは海上、航空輸送を組み合わせて、英国およびドイツから東京港まで貨物を輸送し、その後、陸上輸送でレースサーキットまで車体とその他の装備を輸送します。WTCRレース開幕前には、前回中国の武漢で開催されたレースから、第2組目の車体が海上貨物直行便で到着します。

「日本での世界耐久選手権と世界ツーリングカー・カップの開催にあたり、今年もFIAとパートナーになることを大変うれしく誇りに思っています」と、DHL Global Forwarding日本の代表取締役社長および北アジア南太平洋地区CEOのチャールス カウフマンは述べています。「世界中で当社が支援している全モータースポーツイベントと同様に、当社は同じ目標を掲げています。私たちはスピードと俊敏性を持ってレース装備一式を運搬するとともに、これらの貴重な貨物の最大限の安全性確保と規制順守に万全を期しています。また、各チャンピオンシップイベント間の間隔が短く、比較的過密な日程であることを考慮の上、当社は配送パターンを最適化することで、前回開催地から日本へ車体を迅速に輸送しました。」

FIAの明確な日程に沿って、サーキットからサーキットへと車体を運搬するにあたり、DHL Global Forwardingの迅速な輸送および車両取り扱いにおける専門知識が重要な役割を果たします。DHLのチームは、各レース終了直後72時間以内に、全ての貨物を搭載してサーキットから港へ輸送し、通関手続きを完了します。そして、次回のレースが予定されている上海(WEC開催地)とマカオ(WTCR開催地)に向けて車体を輸送します。

富士6時間耐久レースとしても知られているFIA WECは、2018年10月12日から14日まで富士山麓で開催されます。3日間にわたるイベントでは、フェルナンド・アロンソ氏、ブルーノ・セナ氏、ジェンソン・バトン氏、オリバー・ウェッブ氏といった世界的に有名なレーサが、6時間におよぶ耐久レースで、16の見事なツイストやターン[1]のある4.5キロメートルにのびる周回コースのフィニッシュラインを駆け抜けます。

WTCR日本戦は2018年10月27日から28日にかけての週末に行われます。3つのレースが行われ、ラップ数は合計42周、走行距離は168キロメートル[2]にのぼります。1987年に始まったF1日本グランプリの本拠地である鈴鹿サーキットでは、独自のフィギュア・オブ・エイト(8の字形)のレイアウトとさまざまなコーナーでドライバーのスキルが試されます。

DHL -- 世界のロジスティクス企業

DHL はロジスティクス業界のグローバルにおけるリーディングブランドです。グループの各部門が提供するサービスは、他社の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの受注・商品配送、国際エクスプレス、陸上、航空・海上輸送、産業サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220以上の国・地域で36万人の従業員が、人々やビジネスをしっかりと確実に繋ぎ、グローバル貿易のフローを支えています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業、成長市場向けの特別なソリューション、これまでの社会的責任へのコミットメント実績および発展市場における強固な事業基盤から、「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。

DHLは、ドイツポストDHL傘下のブランドで、グループ全体の2017年の売上は600億ユーロ超に達します。

メディア関係者向け連絡先:
DHLアジア太平洋及びEEMEA(東ヨーロッパ、中東及びアフリカ)
広報担当責任者
ベリンダ・タン(Belinda Tan)
電話番号: +65 6771 3332
Eメール: apeemeamediarelations@dhl.com

[1] (リンク »)
[2] (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]