第124回広州交易会が世界のバイヤーに向け中国市場をさらに開放へ

広州交易会(Canton Fair) 2018年10月18日

From 共同通信PRワイヤー

第124回広州交易会が世界のバイヤーに向け中国市場をさらに開放へ

AsiaNet 75792 (1897)

【広州(中国)2018年10月17日PR Newswire=共同通信JBN】中国輸出入商品交易会(広州交易会、China Import and Export Fair(Canton Fair))は、2万5000以上の出展企業を集め、10月15日に広州で開幕した。第124回交易会は、中国の改革開放を記念する期間中に開催され、過去40年間の世界貿易に対する貢献における交易会の必要不可欠な役割も称賛された。34カ国・地域から636超の企業と10の全国的および各地方の代表団が国際パビリオンに参加した。今年のブランド部門では、58%がメーカー、31.5%が新たな出展者である。

Photo - (リンク »)
写真説明:中国対外貿易センターの副ディレクター、シュ・ビン氏が第124回中国輸出入商品交易会の見所を紹介した

中国対外貿易センターの副ディレクターであるシュ・ビン氏は今年の広州交易会が「ワンストップ・プラットフォームを通して世界中の企業が世界的な売買を達成する手助けをするだろう」と述べた。

また、シュ氏は「広州交易会は、国内外の市場からの資源を有効活用し、戦略的協力と製品提供のための世界的ネットワーク拡大を通してバランスの取れた中国対外貿易の発展に貢献するだろう。例えば、第1期では高級ブランドによる高い技術的特徴を持つ産業製品を展示し、その一方、第3期ではより市場の需要がある消費者向け製品を紹介する」と語った。

同氏は「より便利な参加体験、より安全な取引、より高い利益をバイヤーに提供するため、われわれはまたターゲット・マーケティング、専門化、イノベーションにこだわり、主要部門とターゲットとする市場に重点を置いていく。われわれはソーシャルメディアとサーチエンジンに基づいてビッグデータ駆動型デジタルマーケティングを実施した。Canton Fair Overseas Partnership Program(広州交易会海外パートナーシップ・プログラム)およびBuyer Incentive Program(バイヤー奨励プログラム)の枠組みの中で、ターゲット・マーケティングに従事してきた。また、バイヤー体験の向上のため、サプライヤー・バイヤー・ネットワーキングとMultinationals Sourcing Service(多国籍企業ソーシング・サービス、MSS)を組織するつもりだ」と述べた。

10月15日から11月4日まで開催される交易会は3期から成る。広州交易会で発表される全製品カテゴリー一覧は (リンク ») を参照。

▽広州交易会について
中国輸出入商品交易会(広州交易会)は毎年春と秋の2回、広州で開催される。1957年の開催以来、交易会は今や最も長い歴史、最高のレベル、最大のスケール、最多の製品数およびバイヤー出身地の最も広域な分布と中国最高の成約額を持つ総合的な展示会である。

ソース:Canton Fair

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]