ティッセンクルップ・エレベーター、自社の階段昇降機の営業提案にMRを活用したソフトウェア「HoloLinc(ホロリンク)」を本格導入開始

ティッセンクルップ・エレベーターAG 2018年10月19日

From PR TIMES

営業プロセスの短縮化と顧客体験の向上を実現、日本でも来年から導入開始

ドイツのエレベーターメーカー、ティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator AG, 本社:ドイツ・エッセン市、最高経営責任者:アンドレアス・シーレンベック)は、米マイクロソフトと、スイスに本社を置くIT会社チュールケ(Zühlke Engineering AG, 本社:スイス、チューリッヒ市、最高経営責任者:ファブリッツィオ・フェランディーナ)と共同開発した、MR(複合現実)を活用したソフトウェア「HoloLinc(ホロリンク)」を、自社の階段昇降機の営業提案に本格導入しました。



HoloLincは、階段昇降機業界において初めて営業プロセスを完全にデジタル化させたソリューションで、突然生じるお客様のモビリティソリューションのニーズに対し、いかにご要望に沿いながら納品プロセスを短期化するかという階段昇降機業界の課題を克服するものです。マイクロソフトのヘッドセット型MRデバイス「HoloLens(ホロレンズ)」を活用したHoloLincにより、発注から納品までの時間を最高で4分の1に短縮できるだけでなく、自宅に昇降機を設置した際の実際のイメージや特定の要望に合わせてカスタマイズした場合のイメージを視覚的に把握可能にすることで、これまでにない最高の顧客体験を提供します。HoloLincはオランダでの試験導入後、これまでに300件以上もの導入実績があります。今月からはイギリス、ドイツ、ベルギー、フランス、イタリア、スペイン、フランスでも導入開始となり、日本とノルウェーには来年から導入されます。

MRを大規模なフィールドサービスで活用し、マイクロソフトのHoloLensを高精度な計測器として応用するのは、HoloLincが初めての事例となります。データ処理を全てデジタル化することにより、測定やデータのやり取りにおける人的ミスのリスク回避が可能になります。またMRと、クラウドを用いたコンフィグレータを組み合わせることで、納品までの所要時間を著しく短縮できる上、他に例のない顧客体験の提供も可能になります。通常は納品まで約40日から70日かかるところを、HoloLincを導入することで納期を最高で4分の1まで短縮し、14日程度に抑えることができます。初訪問時に、昇降機導入先の測定を正確にできることで、当社はお客様の個別の人間工学的データや、各導入先が持つ特有の障壁を考慮に入れることが可能になります。これらのデータはマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure(アジュール)」に送信され、このデータを基にお客様にとって最適な階段昇降機製品を選定します。ほぼリアルタイムで設置イメージを視覚化したり、お見積もりを提示することができるので、発注プロセスまでの所要時間を数時間程度に抑えることが可能になりました。

ティッセンクルップ・エレベーターのCEO、アンドレアス・シーレンベックは、次のように述べています。
「階段昇降機は、急に必要になるものです。もし早急に解決策をご提供できれば、お困りのお客様に大きな安心感と快適さをもたらすことができ、結果的にお客様の生活の品質向上にもつながります。」

世界各地のティッセンクルップ・エレベーター営業担当者120名が、HoloLincを活用予定です。各営業担当者には、マイクロソフトのHoloLens、タブレット、持ち運び可能なプリンターなどの付属品が入ったHoloLincのツールキットが配布されます。HoloLincにより、空間の計測やデジタル化は真の意味で変革を遂げ、営業担当者が営業先で即座に製造へとつなげることが可能となります。

IoTの力をHoloLincのようなソリューションに活かすことで、ティッセンクルップ・エレベーターはデジタル時代のさらに一歩先へ進み、モビリティソリューションの提供の仕方を変えます。MR技術の応用により、営業担当、事務担当、製造チーム間のコミュニケーションが速くなることは、大きな飛躍と言えます。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

【その他の参考画像】


HoloLinc関連の写真: (リンク »)
ティッセンクルップ・エレベーターの階段昇降機製品、マイクロソフトのHoloLensの写真: (リンク »)
HoloLens装着前の測定の様子の写真: (リンク »)

【ご参考リンク】


都市化に関する特設サイト「Urban Hub」(英語): www.urban-hub.com


ティッセンクルップ・エレベーターについて
thyssenkrupp Elevator(ティッセンクルップ・エレベーター)は、ティッセンクルップのグループ企業として、世界で移動機器事業を展開しています。150カ国に顧客がおり、2016年10月~2017年9月は77億ユーロの売り上げを記録しました。ティッセンクルップ特有のエンジニアリング技術を活かし、ティッセンクルップ・エレベーターはわずか40年でエレベーター業界における世界有数のリーディングカンパニーの地位を築き上げました。50,000人以上の高い技術力をもった従業員を擁し、顧客の様々な要件を満たすべく、スマートで革新的な製品やサービスを提供しています。その製品群には、乗用や貨物用のエレベーター・エスカレーター・動く歩道、さらに旅客搭乗橋・階段・車いす用階段昇降機が含まれ、これら全ての製品においてそれぞれの顧客にあったサービス・ソリューションを提供しています。世界に1,000カ所以上の拠点を網羅した幅広い営業とサービスのネットワークを駆使し、顧客との緊密な連携を実現しています。

ティッセンクルップについて
thyssenkrupp Group(ティッセンクルップ・グループ)は、資本財やサービスの事業が拡大中の多角的な企業グループです。設立時より素材(マテリアル)を強みとしており、持続的進歩を実現すべく、世界79カ国の15万8000人以上もの従業員が、情熱と技術的ノウハウを注ぎ、高品質な製品や高度な産業プロセス、サービスを開発しています。ティッセンクルップの成功は、従業員の高い能力と努力が基盤になっており、2016年10月~2017年9月は約415億ユーロの売り上げを記録しました。
ティッセンクルップは顧客とともに、現在や未来における様々な業界の課題を解決するための競争力のあるソリューションを開発しています。ティッセンクルップはエンジニアリングの専門知識を活かし、顧客が世界市場において優位に立ち、コストや資源保全を考慮した方法で革新的な製品を製造できるサポートをしています。ティッセンクルップの技術やイノベーションは、世界各国の顧客や市場における多様化したニーズに応えるだけでなく、将来的に市場で成長し続け、堅調かつ安定的に売上げ・キャッシュフロー・企業価値を上げていくための鍵となっています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]