インフィニオンテクノロジーズ社AURIXマルチチップシステムの同期デバッグ対応PLS開発ツールの販売開始

インフィニオンテクノロジーズ社AURIXマルチチップシステムの同期デバッグ対応PLS開発ツールの販売開始

ポジティブワン株式会社

2018-11-15 16:00

2018年11月15日、ポジティブワンは、インフィニオンテクノロジーズ社AURIXマルチチップシステムの同期デバッグ対応PLS開発ツールの販売開始いたします。
ドイツに本社を持つPLSプログラマブルロジックアンドシステム社は、ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)のユニバーサルアクセスデバイス3+(UAD3 +)に適した新しいマルチターゲットデバッグアダプタを開発しました。これにより、AURIXマルチチップシステムの同期デバッグ対応PLS開発ツールソリューションが提供でき、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)はこのソリューションの販売を開始いたします。

PLSのモジュラーマルチターゲットデバッグアダプタは、1つのボードに2つの別々のマイクロコントローラを搭載したさまざまな高性能システムをサポートしており、冗長化された場合は適切な反転制御アルゴリズムが可能です。特に、自律走行の分野におけるフェイル操作システムなど、機能の安全性と耐故障性に対する要求が最も高い将来のアプリケーションに特に重点が置かれています。しかし、現在の高性能自動車システムでも、このツールキットは、例えばAURIXTMマルチコア・マイクロコントローラを2つ搭載したインフィニオンテクノロジーズ社の最近発表されたAutomotive Gateway Evaluation Boardなど、独自のデバッグ機能を証明しています。

UAD3 +のマルチターゲットデバッグアダプタは、密接に結合された2つのAURIXTMマイクロコントローラのほぼ同期的な停止と再起動を可能にします。標準のデバッグアダプタは、2つのAURIXTMデバイスの別々のデバッグインタフェースそれぞれに接続されています。これらはMulti-Target Debug Adapterを介してUAD3 +のデバッグポッドに接続され、2つの必要なデバッグチャネルが提供されます。

Multi Aurix Versuchsaufbau
マルチターゲット・デバッグ・アダプタには、標準のデバッグ・アダプター用のコネクターの他に、2台のAURIXTMコントローラーの特定のトリガー信号に対して追加コネクタがあります。マルチターゲットデバッグアダプタの特別なロジックは、2つのAURIXTMマイクロコントローラをほぼ同期して停止して再起動できるように、トリガラインをリンクします。システム全体が2つのコントローラのうちの1つブレークポイントに反応するのか、ユーザーによってトリガされるブレークアクションに反応するのかは関係ありません。アダプターの内部ロジックと2つのコントローラー間の信号伝搬遅延によって生じる時間差は、停止または再始動時に平均約65 nsです。これは、典型的な300MHzクロック周波数で20クロックサイクル未満です。

両方のAURIXTMマイクロコントローラは、共通の一貫したユーザーインターフェイス内で、1つのデバッグセッションでアクセス可能で制御可能です。もちろん、複数のAURIXTMプラットフォームのデバッグには、確立されたUDEのマルチコア実行制御管理機能も利用できます。実行制御グループでは、2つのコントローラすべてのコアまたは定義可能な数のコアを組み合わせることができるため、そのグループのすべてのコアでブレークポイント、手動停止および同期再開が有効になります。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]