Tracealyzer4 for VxWorksの販売開始

ポジティブワン株式会社 2018年12月14日

2018年12月14日、ポジティブワンは、Tracealyzer4 for VxWorksの販売開始致します。Tracealyzerは、VxWorksシステムの実行時の世界に前例のない洞察を与えます。必要に応じて短時間でソフトウェアの問題を解決し、より堅牢な設計を開発し、ソフトウェアのパフォーマンスを向上させる新しい方法を見つけることができます。

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Percepio AB(パーセピオ)社Tracealyzer 4がVxWorksをサポートしました。Tracealyzer4 for VxWorksの販売を開始いたします。

Tracealyzerバージョン4はTracealyzerの最大のアップデートであり、ユーザーが求めている多くの新しい分析と視覚化機能を備えています。はるかに高速なデータ処理からライブビジュアライゼーションによる新鮮な最新のユーザーインターフェイスに至るまで、ボトムアップから再設計されています。また、より深く強力なデータ分析に注力するとともに、ユーザーがTracealyzer分析を特定のニーズに適応させるための新しい機能を追加することで、Tracealyzerの開発における新しい段階を迎えます。

Tracealyzer for VxWorksは、VxWorks(wvLib)のビルトイントレースレコーダーからデータを読み取り、VxWorks 7やマルチプロセッサシステムを含むv5.5以降のすべてのVxWorksバージョンと互換性があります。これは純粋なソフトウェアソリューションであるため、Tracealyzerを使用するために追加のハードウェアは必要ありません。VxWorks(wvLib)のトレースレコーダーは、最新のイベント履歴をRAMリングバッファに保存したり、デバイスファイルシステムにトレースを継続的に保存したり、開発環境に直接ストリームするための "フライトレコーダー"として設定することが可能です。

マルチスレッドソフトウェアは複雑な動作をしていることが多く、ソフトウェアのタイミングを少し変更すると予期せぬ動作につながる可能性があります。タイミング関連の問題は、テストの後半、または悪いことに展開されたプロダクションコードで現れ、再現するのが難しいです。このリスクは、開発者がソフトウェアのトレースによってソフトウェアのランタイム動作を把握している場合に軽減されます。

◆最新のユーザーインターフェイス
ユーザーインターフェイスを近代化し、ドッキングウィンドウとタブ付きウィンドウの両方を処理するウィンドウマネージャを追加しました。つまり、画面上でより多くの情報を利用できるようになりました。複数のトレースを別々のウィンドウで開くことができます。また、お気に入りのウィンドウレイアウトを保存して、Tracealyzerが実行中にそれを記憶できるようにすることもできます。

◆高度なライブビジュアライゼーション
録音中にトレースをライブで表示します。録画をバックグラウンドで続けながら、個々のビューを一時停止してズームインし、詳細を検査します。こうすることで、トレース内の問題が発生したときに直接見つけることができます。

◆ネットワークとI / O認識
Tracealyzer 4は、ネットワークとI / Oイベントを新たに認識し、Internet-of-Thingsデバイスやその他の接続されたアプリケーションのトレースをサポートします。これにより、TCPソケットなどの通信インターフェイスとタスク間の実行時のやりとりだけでなく、時間の経過とともに通信データレートを視覚化することができます。

◆ユーザー定義分析
特定のユースケースにTracealyzerを適用して、選択したソフトウェアイベント間の時間を強調表示し、カスタム間隔を定義およびレポートできます。さらに、ユーザ定義のステートマシンを使用すると、ソフトウェア状態変数またはログされたハードウェア状態から、状態遷移グラフとして、またはタイムアナライザの場合と同様に、トレース内の状態情報を視覚化できます。

◆無制限のトレース
数時間、数日、または数週間にわたる長いテスト実行でアプリケーションを監視し、タスク実行時間などの分析結果を直ちに参照できます。新しいトレースプレビューで興味深いスポットを見つけて、Tracealyzerのフルパワーを使って詳細にドリルダウンできます。

【Percepio AB(パーセピオ)社】
Percepio社は、2009年に設立され、スウェーデン・ベステルオースに拠点を置き、組み込み型ソフトウェア用の高度な視覚的ランタイム診断ツールを開発しました。製品であるTracealyzerが、直観的な視覚化により、エンジニアはソフトウェアの理解、トラブルシューティング、最適化を容易に行うことができます。ポジティブワン株式会社は、多くのベンダーの組み込み向けのインサーキットエミュレータ、トレース機能を含む組み込み向け開発ツール販売をしており、多くのソフトウエア開発から検証で求められる最高のソリューションの販売権を得ました。Percepio社の日本総代理店として販売およびサポートを行っております。 (リンク »)

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ポジティブワン株式会社の関連情報

ポジティブワン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]