スカイディスク、ロボットソリューションビジネスを展開する鈴与商事と業務提携

株式会社スカイディスク 2019年01月09日

From PR TIMES

IoT/AIビジネスに関して協力体制を強化

株式会社スカイディスク(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:橋本 司 以下「当社」)は、鈴与商事株式会社(本社:静岡市清水区、代表取締役社長:加藤正博、以下「鈴与商事」)と業務提携しましたことをお知らせいたします。



IoTやAIを取り巻く環境の変化や技術革新のスピードは著しく、これらがもたらすビジネスモデルの変革とともに顧客ニーズも多様化しています。特に製造業においては、IoTやAIを活用した自動化・省人化ニーズとともに、製造プロセスの効率化や機能強化などのニーズが急激に拡大しております。

鈴与商事は、製造現場における省人化や効率化を実現するため、生産設備PLC(プログラマブルロジックコントローラ)※1からのデータ収集技術を駆使した製造プロセスの見える化や、ロボットソリューションビジネスを展開しております。特に東海地方を中心に電力会社様や自動車業界のお客様との繋がりが多くあり、タイやベトナムなどアジアに駐在員事務所を設立するなど、海外へも販路を広げ、ビジネスを拡大しております。
当社は、製造現場のプロセスデータ、音、振動などのデータを解析し、不良品発生の原因特定や設備機器の故障予知、また熟練者の勘や経験をAI化するといったサービスを提供しております。

今回の業務提携により、鈴与商事が持つデータ収集などの制御技術と、スカイディスクが得意とするAIによる時系列データ解析技術を融合させ、製造工程で発生する不良要因特定や、熟練者の勘や経験で行われていた製造技術・ノウハウをシステム化することによる製造現場の効率化を可能としていきます。

今後は、鈴与商事がこれまで培ってきた事業基盤とスカイディスクの先端技術開発力を組み合わせ、相互の得意領域を最大限に活用することで、ソリューション提案を展開するとともに、製造現場のスマートファクトリー化を通じて、顧客の生産性向上や人手不足解消、技術継承に貢献していきます。


[画像: (リンク ») ]


※1:PLC(programmable logic controller)とは、工場などの自動装置を制御するために使われる小型コンピュータの一種。作成したプログラムに従い、スイッチ・センサ等の入力信号のON/OFFに応じて、出力信号をON/OFFさせて装置の動きを制御するもの。最近では製造ライン・製造設備のデータ収集用途にも使用されている。

■鈴与商事株式会社 概要
資本金: 20億円
所在地: 静岡県静岡市葵区栄町1-3
代表取締役: 加藤 正博
設立: 1990年
HP: (リンク »)

■株式会社スカイディスク 概要
資本金: 8億6,700万円
所在地: 福岡県福岡市中央区舞鶴2-3-6
代表取締役: 橋本 司
設立: 2013年
HP: (リンク »)


【株式会社スカイディスク 会社案内】
会社名:株式会社スカイディスク
URL: (リンク »)
本社所在地:福岡県福岡市中央区舞鶴2-3-6-4F
代表者:橋本 司(代表取締役CEO)
設立:2013年10月1日
事業内容:
・IoTワンストップソリューションの提供
・AIサービスの提供
・自社パッケージの提供

【Copyright/商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問合せ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]