新日鉄住金 1310MPaハイテンが自動車構造用冷間プレス部品として世界初採用

新日鐵住金株式会社 2019年01月10日

From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)はマツダ株式会社(以下、マツダ)と共同で、1310MPa級高張力冷延鋼板(以下、1310MPaハイテン)を用いた車体構造用冷間プレス部品の開発に取り組み、このたび、マツダ新型MAZDA3に、世界で初めて採用されることとなりました。

1310MPaハイテンはこれまで自動車用バンパーには採用されておりますが、材料強度と相反する性質であるプレス成形性の制約から、より複雑な形状を有する車体構造部品への採用は1180MPaハイテンまでとなっておりました。

新日鉄住金が、プレス成形時に発生する割れやしわを抑制し、良好な部品寸法精度を確保するための工法を開発した他、マツダと共同で生産技術面、性能面の課題を解決したことで、1310MPaハイテンが車体構造部品へ採用されました。
今回の1310MPaハイテンの採用により新型MAZDA3の軽量化および衝突安全性能の向上に貢献しました。今後もハイテン材の更なる高強度化および適用範囲の拡大により、自動車の一層の軽量化、衝突安全性能の向上に貢献していきます。

新日鉄住金は、今後も自動車の軽量化等に寄与する環境に優しい鋼材・構造・工法の開発・提供を通じて、お客様や社会のご要望に応えて参ります。


(当該構造部品が採用される新型MAZDA3)
(リンク »)
(画像提供:マツダ株式会社)

お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2146、2135、2977、3419
以 上

(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]