編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SKYWORTHがCES 2019で4つの賞を受賞

SKYWORTH

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-11 14:14

SKYWORTHがCES 2019で4つの賞を受賞

AsiaNet 77031(0060)


【ラスベガス2019年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】2019年1月8日、CES 2019展示会が予定通り開幕した。家電業界のグローバルエリートとして、SKYWORTHはCES期間中、多くの先進的な新製品や技術を発表し、主役になった。

SKYWORTHはCES 2019で、2018-2019グローバルCEブランドTOP 50、2018-2019トップ10 CEブランド、2018-2019グローバルTVブランドTOP 10を受賞した。SKYWORTHは家電製品分野において、その優れた性能で認知されてきた。SKYWORTHは、65S9A/XA9000でAIスマートデュアルエコシステムTVエクスペリエンス金賞(AI Smart Dual Ecosystem TV Experience Gold Award)という1つの製品賞も受賞した。これはGoogleアシスタントとAmazon Alexaの両方をサポートし、真にスマートホームのコントロールセンターとなる。強力なPQプロセッサを内蔵したこのテレビは、最高の画像を表示し、視聴者に驚きの体験をもたらすことができる。

Photo - (リンク »)
写真説明:SKYWORTH TV海外販売・営業本部長のジョニー・ワン氏(左から2人目)とSKYWORTH TV海外ブランド管理部長のジャック・リー氏(左から3人目)がステージで賞を受け取った

SKYWORTHは65S9A/XA9000以外にも、277インチの超狭ベゼルTVウォール、8K OLED TV、82インチフラッシュマウントTV、65インチ疑似ピクセルバックライトTVなど、最新の製品と技術をCESで展示した。77インチOLEDテレビはドルビービジョンHDR画像処理技術が特長で、7.1.4ドルビーアトモス対応ホームシアターシステムを搭載、壮観で臨場感あふれる体験を届けてくれる。AI開発の最前線を強調するためのスマートルームも設営されているが、これはテレビがあらゆる種類の家電製品と相互接続できるためである。

SKYWORTHは、インテリジェントな製品エコシステムを確立するため、Google、Amazon、その他の大手テクノロジー企業とのパートナーシップを構築してきた。SKYWORTHは「オープン、シェア、ウィン・ウィン」のグローバル戦略に基づき、AIoT大画面インテリジェントソリューションと将来のグローバルな消費者向けに最高の製品を提供するため、AIテレビ製造に注力し続けていく。

▽メディア問い合わせ先
Website: www.iskyworth.com
Facebook: (リンク »)
E-mail: overseas@skyworth.com

ソース:SKYWORTH

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]